にくい男たちから学ぶ!「一瞬で心が奪われてしまう」ドキッ発言3つ

どんなに愛する恋人がいても、世の中にはあなたの心を一瞬で略奪してしまうにく〜い男子たちがいます。なんとも思わなかった男友達やどうでもよかった知人など、体の関係はなかったとしても、その瞬間は心が奪われていたのは事実ですよね。そんな男子たちの“心の略奪セリフ”を学べるエピソードをご紹介します。女子でも今すぐ使えますよ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:「間接キス、しちゃったね……」

「大学生のときに2年付き合ってた超ラブラブの彼氏がいたんですけど、彼氏も気づくぐらい私に片思いしてきた男の子がいて、さすがにうざいなぁ〜と思ってたけど、同じ科目のときに隣に座ってコーヒーを差し入れしてくれたんですね。

寒かったし眠かったのですごく助かって一口飲んだら、”間接キス、しちゃったね……。このコップ、ずっと大事にする”って笑顔で言われたときは、自分でも信じられないくらいに心が略奪されちゃいました……。無邪気に言われると余計に。あれは憎かったなぁ〜」(24歳/会社員)

相手を一発でドキッとさせたいときに

もちろん相手にもよりますが、よほど嫌じゃないかぎり間接キスしちゃったねなんて言われると誰でもドキッとしちゃいます。無邪気に言えてしまうところがまたすごいこの男子。女子としても是非見習いたいテクです。

気になる男子や略奪しちゃいたいというときに、相手を一発でドキッとさせるのにいいかもしれませんね。 

2:「好きになってもいい」

「仕事も彼氏との関係もあまり上手くいかなかったときに友達みんなで励ましてくれるかのようにカラオケに連れて行ってくれたときがあって、そのときに中でも一番仲のいい男友達が、私のことを見つめながら歌っていたんです。

みんなの前だからとっても恥ずかしかったし気まずかったけれど、あんな真剣な顔されて”好きになってもいい”なんて意味の歌詞を歌われたら、女の子ならみんなメロメロになるでしょう〜。結局はその瞬間以外男として見れなかったので何も起きませんでしたけど(笑)」(29歳/外資企業)

相手に断らせないようにしたいときに

みんなの前で歌で告白されちゃったら、なんだか断るわけにはいかない気持ちにもなります。そしてよりによって恋人と上手くいかないときに。結局何もなかったようですが、相手を断らせないようにするには勇気を振り絞ってみんなの前で告白もアリかもしれません。

「好きになってもいい」という台詞も、相手に「だめ!」と言わせにくいので使ってみる価値はありますよね。

3:「本当だったらいいんだけどな」

「会社の企画で休日も出勤しなくちゃいけないほど忙しいときに同じプロジェクトチームの同僚たちと待ち合わせしたのですが、知らない男の人に声かけられて。

困っていたら同チームの上司が急に現れて”こいつ俺の彼女だけど何か?”って助けられたんです。

助けてもらったのでお礼したついでに、”彼女だなんてとんでもないです”って笑いながら言ったら、”本当だったらいいんだけどな”って真顔で言われて、最初とっても戸惑いましたが、あんなさりげない告白初めてだったので心臓が爆発して止まるかと思いました」(25歳/広告)

相手の心をかき乱したいときに

誰でもストレートに告白されるのは嬉しいもの。でもさりげなく思わせぶりな発言をされると、「え? どういうこと?」と一瞬で心がかき乱されて、自然であればあるほど、「この人私のこと好きなのかしら?」と思ってしまいます。

長期戦で勝負をかけたいときのために今日からこのような台詞を計画してみれば、毎日毎晩あなたのことが頭から離れなくなってしまうでしょう。 

「彼氏がいるのに私の心になんてことをしてくれるんだー!」と思ってしまいますよね。

でも実は彼らがやっていることと同じように、女子だって好きな人の心を一瞬で奪っちゃうことができるのは十分お分りだと思います。

さぁ、今日からあなたも徐々に相手の心に歩み寄り始めては如何でしょうか?

 

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!