【連載12:AFTERⅡ】ここで何をしてるの!? 彼が同僚に乱暴を…

夢の中でも思い出すのは彼のこと……。テッサは仕事に打ち込むことで、ハーディンとのことを忘れようとしていた。優しく刺激ある同僚との会話、そして週末に参加するシアトルでの会議のこと。忙しくしている間はハーディンのことを考えないでいられる。ところが……!? 『AFTER sersonⅡ 壊れる絆』 連載第12回。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

前回はコチラ

視線をたどると……まさか彼が!?

思っていたよりあっという間に時間が過ぎ、予定よりも早く今週分の原稿読みを終えた。

シアトルに行くのでわくわくしていたし、短いあいだでもハーディンのことを忘れられたらうれしい。月曜はわたしの誕生日だけど、どうでもよかった。ここまで事態が悪化していなければ、火曜にはハーディンとイギリスへ向かっていただろう。

といって、クリスマスを母と過ごすのも、あまりうれしくない。そのころまでには寮に戻っていたい─きっと、キャンパスには誰もいないだろうけどそれでもいい─実家に顔を見せない理由もなんとか見つかるだろう。クリスマスだし、自分でもひどいとは思うけど、のんびり浮かれた気分にはなれなかった。

仕事もそろそろ終わりというころに、母からメールがきた。寮へ戻る件についてはまったく返事がないらしい。そうですか、最高だわ。シアトルへ出発するまで、あとひと晩。あちこち移動するのはぜんぜん楽しくない。

会社を出ようと支度をしながら、きょうは自分の車を運転してこなかったことを思い出した。トレヴァーがまだ帰っていないといいんだけど。

「じゃあ、また明日。ここで会いましょうね。クリスチャンの運転手がシアトルまで連れていってくれるから」とキンバリーが言った。

ミスター・ヴァンスにはお抱え運転手がいるの? そうよね、そうに決まってる。

エレベーターから下りると、トレヴァーはロビーの黒いソファに座っていた。黒いソファに黒のスーツ、そして青い瞳が引き立てあって魅力的だ。

「きみが送ってほしいかどうかわからなかったけど、仕事中に邪魔はしたくなかったから」

「ありがとう。ほんとうにうれしいわ。モーテルに戻ったら、車の修理を手配するつもりよ」朝ほどではなかったものの、外はやはり凍えそうに寒かった。

「なんなら、きみといっしょに待ってもいいよ。うちの排水管の修理は終わったから、もうモーテルに泊まる必要はないんだけど、きみが─」トレヴァーはふいに口をつぐみ、目をまるくした。

「何?」彼の視線の先をたどると、ハーディンが駐車場で車のそばに立ち、怒りに満ちた目でこちらをにらんでいた。

またしても、息がとまるほど驚かされた。なぜ、どんどん事態が悪くなっていくの?

 

事態は悪化するばかり……「ここで何してるの!?」

「ハーディン、ここで何してるの?」わたしは彼を怒鳴りつけた。

「きみがおれの電話に出ないから、ほかに選択肢はないだろ?」

「電話に出ないのには理由があるのよ、いつもいつも仕事場にいきなり来ないで!」

トレヴァーは落ち着かない様子。ハーディンの存在に怖気づいているようだったけれど、わたしの隣にいてくれた。「だいじょうぶ? きみのいいときに言ってくれ」

「きみのいいときに、ってなんだよ?」ハーディンの目がぎらつく。

「モーテルまで送ってくれるのよ、わたしの車がエンジンかからなくなったから」

「モーテルだと!」ハーディンは声を張り上げた。

わたしがとめる間もなく、彼はトレヴァーに手をかけ、スーツの襟をつかんで赤いトラックに乱暴に押しつけた。

「ハーディン! やめて! トレヴァーを放して! 同じ部屋に泊まったんじゃないわ!」どうしてこんなことを言っているのかわからない。でも、トレヴァーが殴られたりするのはいやだ。

ハーディンは手を離したものの、トレヴァーのすぐ目の前に立ったままでいた。

「彼から離れて」わたしが肩をつかむと、ハーディンはすこし力を抜いた。

「彼女には近づくな」トレヴァーの顔から何センチも離れていないところで、ハーディンが吐きだすように言う。

トレヴァーは真っ青な顔。またしても、関係のない人を巻きこんでしまった。

「ほんとにごめんなさい」

「いいんだ、車で送るのはどうする?」

「そんなの必要ない」ハーディンが勝手に答える。

「ええ、お願い」かぶせるようにわたしはトレヴァーに言った。「ちょっとだけ待っててくれる?」

礼儀正しい彼らしく、トレヴァーはうなずいて車のところへ行き、わたしとハーディンをふたりにしてくれた。

 

次回、職場の駐車場でハーディンとふたたび口論に。テッサの言葉は、ハーディンを深く傷付けてしまう……!

 

 

【参考】

アナ・トッド(2016)『AFTER season2 壊れる絆 1』(小学館文庫)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

AFTER season2 壊れる絆 1 [ アナ・トッド ]
価格:702円(税込、送料無料) (2016/11/10時点)