気づくかっ!男子が「好きかも…」な相手にする極小アピール3つ

みなさんは、男子から惚れられたとき、ちゃんと気づいてあげられますか? わかりやすいアピールをしてくる肉食系の相手じゃないかぎり、勘違いしても恥ずかしい思いをするし、なかなか気づけないですよね。そこで今回は、男子たちに「ちょっと気になる女子ができたとき、どんなことをしちゃいますか?」と話を聞いてみました!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

1:軽く挨拶だけする

「すれ違うときや、目が合ったときに、ちゃんとペコッと挨拶をします」(23歳/江東区)

ー挨拶くらい、誰とでもするのでは?

「社内には大勢の人がいますから、すれ違ったり、目が合ったりするたびに、いちいち挨拶してられませんよ」

ー会社の人なんですね(笑)? 挨拶から進展はありますか?

「進展はとくにないですが、挨拶をしかえしてもらえると、すごくうれしい気分になりますね」

ー挨拶をかえしてくれるだけでうれしいくらい好きならば、もう告白しちゃったらどうですか?

「いきなりムリですよ! 挨拶から話しかけられるまで、チャンスをうかがっているんですから」

ーなかなか話しかけづらい雰囲気なんですか?

「仕事中ですからね。しかも違う部署だから、なかなか接点もないのです。なんかいいきっかけがあったら、話します」

 

2:気づかれないくらい遠くから見る

「相手からは見えないくらいの位置から、こっそりと見ちゃうことはありますね」(25歳/練馬区)

ーこわいですよ。ストーカーですか?

「だから、ちょっと遠くだと、うっかり目があって気がつかれて、気持ち悪がられるので、バレないように遠くから見てるんじゃないですか」

ーそんなに好きなんですか?

「いや、好きだったらバレてもいいけど、まだ自分の気持ちもわからないので、勘違いされたら困るので、遠くから見てるんです」

ー遠くから見てるって聞くと、よほど好きなのかと思ってしまいますけどねぇ。

「かわいいとは思ってますよ。つい見たくなっちゃうし、やっぱり好きなんですかね? 」

ーかわいいと思うくらいの気持ちがあれば、声をかけて誘ってもいいと思いますけどね。

「でも、断られたらショックですよ。好きな相手ならまだしも、ちょっと好きかどうかまではわからない相手なのに」

 

3:LINEの話を、ちょっと近くでする

「その子のいる近くで、他の人とLINEの話をしたり、LINE交換したり(笑)。気になる子には、逆に交換しようって言えないですよね」(29歳/品川区)

ーわかる気がします。LINEを交換しちゃうのは簡単だけど、つながっちゃったら、どうやって攻め込むかって考えちゃいますよね? 最初が大事そうだし。

「そうそう。つながったら、もういかなきゃだから。でもまだ心の準備ができてなくて、つながりたくない気持ちもあるんだけど、偶然につながっちゃったら、しょうがないな。もういくしかないな……!みたいな」

ーよく考えると、全然偶然じゃないですよね(笑)?

「でも、お互いに気になっていると、そういうタイミングで、“あ、●●ちゃんもLINE教えてよ”ってなりますよね? あ、こっち見てるな……とか、なんとなく気づいて。

相手の気持ちを確かめてるのかもしれないな」

ーそれか、話しているうちにガマンできなくて、つい聞いちゃうってこともないですか?

「そういう意味では、自分の気持ちを確かめてるっていうのもあるかもですね」

 

男子が「好きかも……」というときにしてしまう、極小なアピールをご紹介しました。これでは、なかなか気づけないと思いますが、ちょっとのサインを感じるとき、やはり相手の気持ちになにか熱いものがあるのかもしれませんね。