星野源には嫉妬!? 木村拓哉は…同世代の男に好かれない有名人4人

男性ウケはよくても女性ウケが悪い女性もいれば、女性ウケはいいけれど男性ウケは悪い男性もいるものです。異性に好かれるのと同性に好かれるのとではどちらが幸せなのでしょう? 今回は、女性ウケは抜群なのに何故か同世代の男性にはあまり好かれない男性有名人について男性の本音を聞いてみました。中には女性からは考えられない理由も!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

1:星野源(35歳)

現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』で主演の星野源。歌手、時に文筆家という多彩の才能に恵まれている彼。最近はドラマの影響か女性ウケは抜群ですが、同世代の男性ウケはあまりよくないようです……。

「どこにでもいる顔だよね?」

星野源をあまり好きになれない理由を同世代の男性に聞いたところこのような意見がありました。

「芸能人らしさがない」(38歳/コンサル)

「どこにでもいる顔だよね?」(35歳/ライター)

また、歌手や文筆家という彼の恵まれた才能に嫉妬を感じるという意見も。どこにでもいそうな平凡さに類まれなる才能をあわせもっているという性質から、あいつだけずるい!という気持ちが生まれやすいのかもしれません。

そしてなんといっても、現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』で共演してる新垣結衣との夫婦役が羨ましいのだとか! なーんだ、ただの嫉妬か……。

 

2:羽生結弦(21歳)

NHK Trophy ISU Grand Prix of Figure Skating 2015 - Day 2

今や世界中で活躍中の羽生結弦。その人気はフィギュアスケート界だけでなく、芸能界、タレントとしても活躍中の彼ですが、同世代の男性の彼に対する本音はズバリ……?

「女の子みたい」

羽生結弦をあまり好きになれない理由を同世代の男性に聞いたところこのような意見がありました。

「羽生弓弦のしぐさや表情が女子っぽすぎる」(22歳/学生)

「女性ウケを狙ってそう」(19歳/学生)

基本的に男性は男っぽく、ワイルドでクールな男性が好きですからね。羽生結弦のような中世的な男性はあまり好かれないのかもしれません。

女性は、可愛いイメージの男性が勝負時にみせる鋭い表情のギャップにやられてしまいますが、同世代の男性にはギャップの魅力は伝わらないようです。

 

3:木村拓哉(44歳)

40を過ぎてもあのルックスと抜群の身体能力。女性はもちろん、男性からも憧れの存在のように思えましたが……。

「格好つけすぎでは?」

木村拓哉をあまり好きになれない理由を同世代の男性に聞いたところこのような意見がありました。

「格好つけすぎでは?」(44歳/コンサル)

「空気読めてなくない?」(49歳/経営者)

やはり、解散報道の影響でしょうか。他のメンバーの意見を押し切り自分の意見を通そうとする、自分こそが中心人物であるというような振る舞いが気に食わないのだそうです。

ドラマのぶっきらぼうで強引なイメージにキュンとするのは女性だけ、ということなのかもしれません。

 

4:織田裕二(48歳)

『踊る大捜査線』で一世を風靡した青島俊作こと織田裕二。女性には幅広い世代から人気のあるようにも見えますが……。

「キャラがつかめない」

織田裕二をあまり好きになれない理由を同世代の男性に聞いたところこのような意見がありました。

「世界陸上の実況時からキャラがつかめない」(48歳/建築士)

「オネエ臭い」(49歳/会社経営者)

同世代の意見として、憧れの存在であったのに突然キャラ変したり、熱血が板についていたところにオネエっぽいとの噂が流れたり、安定しないイメージからあまり好きではなくなったという人がいるようです。

芸能人って、ドラマや映画で演じたキャラクターやバラエティでのエピソードなど、少しのキッカケでイメージが大きく左右されるので大変ですよね。

 

どうでしたか? 男女でこんなにも価値観って違ってくるものなんですね。異性ウケが良いほうがいいのか同性ウケが良いほうがいいのか。いったいどちらが幸せなのでしょうか……。