もう離婚したい…!「夫婦の溝が深まる」夫の子どもっぽい性分3つ

せっかくご縁あって結婚したのに、夫が子どもっぽい性分だと妻が苦労します。問題が起きるごとに解決もできず、溝ばかりが深まる関係は悲劇ですよね。今回は様々な人間模様を見てきた元市議の筆者が、せっかく結婚しても溝ばかり深まる男の子どもっぽいNG性分を3つご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

性分1:問題から逃げる

なにか問題が起きたときに目の前から逃げちゃうタイプの男は、結婚後に“逃げる夫”になりがちです。

結婚生活は山あり谷ありですから、ときには困難な課題にもブチ当たるのが世の常。しかし、そんなときに問題から逃げる性格の夫だと、妻としてはココロにすきま風が吹くんです。

夫婦で力を合わせて乗り越えたいのに、話を聞いてくれない、家に帰ってこない……と問題から逃げられてしまえば、夫婦間でも溝が深まります。

イイときだけを共有しようとして、苦しいときに逃げ姿勢を見せられればイラつくのも妻ゴコロなのです。

 

性分2:口ばかりで動かない

夫が、口では偉そうなことを言いつつまったく自分が動かないタイプも、妻としては苦労します。

交際中は彼の発言に感心していたとしても、結婚後は生活そのものを一緒にするので、矛盾点に気付きやすくなるのです。

なにか問題が起きても口ばかりで、実際に体を動かしてくれない姿を見てしまえば、夫を信用できなくなり夫婦の間に溝が深まります。

面倒なことは妻任せにして口ばかり達者な夫には、だんだん愛情が冷めてきてしまう女性もいるのではないでしょうか。悲劇的ですよね。

 

性分3:発言が矛盾だらけ

夫婦コミュニケーションの基本は会話です。だからこそ、発言がコロコロ変わり、矛盾だらけな男を夫にしてしまうのも夫婦間に溝が走りやすい傾向に。

その場しのぎの言葉ばかりで、過去の発言と照らし合わせてゴロゴロ矛盾が出てくれば、妻としては不安になりますし夫を信用できなくなりますよね。

夫婦間で溝が深まっている男女の多くは、夫の矛盾する発言のせいで妻が疑心暗鬼に陥っているパターンも少なくないのです。まるで子どもがその場しのぎで嘘をついているかのような姿に、呆れちゃう妻もいることでしょう。

発言が矛盾する男は嘘つきな傾向もあるので、夫としては致命的ですよね。

 

いかがでしょうか。

子どもっぽい性分をもっている男を夫に選んでしまうと、結婚後に苦労するのは妻ですよね。

少年のような魅力をもちあわせている夫は魅力的ですが、単なる子どもっぽい男を選ぶのは避けたほうが無難です。

彼に心当たりがあるなら、結婚後にグングン溝が生じていくかもしれません。