ひと手間で差をつけろ!彼が「もっと喜ぶ」プレゼントの渡し方3つ

彼の誕生日、クリスマス……男性にプレゼントを贈る機会って意外と多いもの。あなたが一生懸命選んだプレゼントなら、彼はきっと喜んでくれるでしょう。しかし、どうせならばただ渡すだけでなく、彼が喜んでくれる贈り方をしたいものですよね。では、どのようにプレゼントを渡せば、彼はもっと喜んでくれるのでしょうか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:中身がわからないように包む

彼に渡すプレゼントは可愛らしくラッピングしてあると思います。しかし、彼を喜ばせることを前提として考えるのならば、プレゼントが何であるか、包みの形からすぐにわかってしまうようではいけません。

実はプレゼントを渡す際、彼をもっと喜ばせるためには、プレゼントの中身がわからないようなラッピングするべきなんです。

「わからない!」時間が一番楽しい

「はい、どうぞ!」と目の前にプレゼントが差し出された瞬間、すぐにその形から「あぁ、お酒のボトルだな」とわかってしまうと、喜びは一瞬で終わってしまいます。

ですが、中身がわからないようにプレゼントを梱包してあげれば、彼はプレゼントを渡された後も「中身は何だろう?」と期待感が持続するんです。

中身がわからない状態でプレゼントを渡せば、彼も中身が気になりますから「開けていい?」と、あなたに聞いてから、子どものように急いで包み紙を破り始めることでしょう。

同じプレゼントを渡すにしても、一瞬で中身がわかるよりは、彼に「何だろう?」という“わからない時間”を与えてあげたほうが、より一層喜ばせることができますよね。 

2:ベタなタイミングを避ける

ディナーの後や、一緒にお酒を飲んでいるタイミングなど、デートの最中にプレゼントを渡すべき“ベタなタイミング”ってありますよね。

そんなロマンチックな時間に満を持してプレゼントを渡すのもよいのですが、ベタなタイミングでプレゼントを渡されるということは男性も薄々気づいています。

不意打ち攻撃でサプライズを演出

そんなふうに男性が「そろそろプレゼントくるかな?」と心構えをしている瞬間にプレゼントを送っても驚きはありません。彼も「うわぁ、プレゼントだ!」と喜んでくれるでしょうが、それは演技です。

彼を本当の意味で驚かせたいならば、デート中に訪れるベタなタイミングではなく、彼の意表をつく瞬間にプレゼントを渡しましょう。

デートが始まった瞬間や、途中で休憩に立ち寄ったカフェなどで、突然プレゼントを渡すのです。そうすれば彼は「えっ!? 今くれるの?」と驚きます。

彼が心構えをしていないタイミングを狙った不意打ち攻撃でサプライズを演出すれば、彼もドキドキ感を持ってあなたのプレゼントを受け取ってくれることでしょう。 

3:手書きのメッセージを添える

大切な彼にプレゼントを渡すのであれば、モノも大切ですが、プレゼントの中に日頃の感謝の気持ちなどを書いた“手書きのメッセージ”を同封すると、男性はとても喜んでくれます。

メッセージは長文じゃなくてもよいのです。メッセージカードに「いつもありがとう」と一言添えてみましょう。

モノより気持ちが大事

男性はプレゼントを受け取ったとき、「欲しいものが手に入った」という喜びの他に、自分にプレゼントをくれたあなたの“気持ち”を感じて喜びを得るのです。

つまり、プレゼントはモノよりも、それを送る“気持ち”が大切で、その気持ちを記したメッセージカードは、モノ以上に彼を喜ばせると言っても過言ではありません。

極端なことを言えば、たとえ値段が安くても、彼が欲しかったものと違っていても、女性の気持ちさえこもっていればそれだけで男性は喜んでくれるんです。

プレゼントとメッセージ、二つを組み合わせれば、彼はきっと二倍喜んでくれるでしょう。 

いかがでしたか?

ただプレゼントを渡すだけでなく、その渡し方にもひと手間かけることで、彼はもっと喜んでくれます。これらの情報を参考にして、彼をたくさん喜ばせてあげてくださいね。

  

【参考】

ちょっと一手間!男性に喜ばれるプレゼントの渡し方はコレ – Menjoy!

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!