もう彼は逃げられない…!? 「結婚運が上がりまくる神社」3選

初詣で、今年最初のお願い事は何をお願いされましたか? それはやっぱり乙女ですもの。真っ先に頭をよぎるのは、恋愛のことではないでしょうか。それも、結婚に繋がるような出逢いを今年こそは叶えたいものですよね。今回は開運研究家でもある筆者が専門家の意見をもとに、“結婚運を上げたい時に頼りになる神社”をご紹介したいと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

 恋愛結婚運を上げる神社の特徴とは?

世の中に、“ご縁結び効果”の高い神社は数多く存在していますよね。でも、たくさんありすぎて、一体どこに参拝しに出かけていいのかわからなくなったりはしませんか?

神社本として、20万部以上のベストセラーとなった著書『成功している人は、なぜ神社に行くのか?』(サンマーク出版)を書かれたリュウ博士によると、“自分の願望をもうすでに叶えている人が集まる神社へ行くこと”が、その願いを叶えるために必要な条件なのだそうです。

この条件に合うのは、結婚運を上げたい女性が神社へ行くならば“幸せな結婚をすでにもう手にしている方々が多く集まる神社”が最良のパワースポットと呼べるようです。

そこで開運研究家でもある筆者が、実際に訪れることで感じた“幸せな結婚を叶えるために効果が高い神社”をご紹介したいと思います。

 

1:寒川神社(神奈川県高座郡寒川町)

子育て祈願の神社として有名な寒川神社は、家族や子ども連れがたくさん集まるため、“幸せな結婚をすでにもう手にしている方々が多く集まる神社”という条件にぴったり。

寒川神社の横、道を隔ててすぐの場所にある末社の宮山神社にも赤ちゃん連れのご家族やお母さんの姿が多数見られます。結婚や子宝に恵まれたい女性に訪れていただきたい神社のひとつです。

またこちらは、八方除けの御祈願でも有名なスポット。最近の恋愛で不運続きといった場合には、八方除けで厄を落としてもらうのも、幸せな結婚への近道かもしれませんね。

 

2:出雲大社相模分祠(神奈川県秦野市)

島根県にある本家出雲大社まで行かずとも、ご利益は同じくらいと筆者は感じる出雲大社相模分祠。こちらも、ご縁結びパワースポットとして有名です。

この神社では、毎年1月3日の福迎祭と2月3日立春の節分祭に“家内安全・厄除け”を祈願して、横綱である日馬富士の他、照ノ富士関、宝富士関、安美錦関、誉富士関をはじめとした伊勢ヶ濱部屋一門による豪快な豆まきが執り行われています。

お相撲さん好き女子にはたまらないシチュエーションなのではないでしょうか。神社の宮司は日馬富士関の名付け親だということもあり、命名をお願いしたい若いご両親も多く訪れています。

また前記したお祭りの際に、力士に赤ちゃんを抱いて欲しいご家族連れも数多く参拝しているようです。

赤ちゃん連れの若いカップルに笑顔で挨拶して、その福運をおすそわけしてもらうことで、かなりのご利益が期待できそうですよね。

 

3:江島神社(神奈川県藤沢市)

いわずとしれた、ご縁結びの神社として名高い江島神社ですね。こちらは、前述の神社本の著者であるリュウ博士が、著書の中で結婚恋愛運を上げるために訪れるといい場所としておすすめしている神社です。

江島神社といえば、厳島神社や琵琶湖の竹生島と並んで“日本三大弁財天”としても有名な神社。

また、“御朱印帳”も可愛いことで知られており、ちょうど新春にふさわしい“富士山に海、真っ赤な鯛”が刺繍されているもので、実は筆者もゲットしたいと狙っています。

江ノ島は観光スポットですから、ちょっとした旅気分で出かけることができますよね。また、海には“浄化力”があると開運研究家である筆者は感じますので、忘れたい恋がある人にもオススメです。

ちなみに“悪縁切り”にも効果が高いとされる神社のため、今年こそ腐れ縁を断ち切ってスッキリと新しい恋に向かいたいと決意されている方は訪れるといいかもしれません。

 

いかがでしょうか?

“今現在、幸せなカップル”と空間を共有しながら、そのハッピーな運気にあやかってまいりましょう。2017年、次に幸せな結婚に歩みを進めることができるのは、他ならぬあなたかもしれませんよ。