顔は可愛いのにッ…!オトコが一発で「残念女」認定するLINE3つ

顔が可愛い子ほど、些細な仕草でオトコの幻滅を誘いがちです。たとえば、同じことをしてもマイナスからスタートする人のほうが評価が高くなる現象と似ているかもしれません。今回は、恋愛コラムニストの筆者が、「顔は可愛いのに残念! 」と思われがちな女子のLINEを3つお伝えします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

1:内容がとにかく重い

LINEのメッセージには本性が出やすいという説もあるなか、とにかく重いテキストを送る女子はどんなには可愛くてもオトコからの幻滅を招きやすいのです。

「私って彼女だよね?」「来年の今頃には結婚していたいな~」などオトコにとって重さを感じさせるLINEをしてしまえば、ギョッとされることも多いもの。

「私は可愛いから、なにを言っても許される!」なんて思ってのことかもしれませんが、目の前で口にするのとLINEを送りつけるのでは、オトコからの印象も変わります。

「顔は可愛いのに、中身はイマイチ」なんて思われることのないよう、イメージを崩さないテキストを送るのがモテの秘訣です。

 

2:読む前から連投してくる

意中のオトコとは、途切れなくLINEをしていたいのも女ゴコロですよね。

だからこそ、彼にだけはスタンプやらテキストやらを連投してしまう女子もいることと思います。

しかし、返信する前から次から次に新しいLINEが飛んでくるのって、かなり不気味ではありませんか? オトコとしても、あまりにもバシバシLINEが来まくるのは、「嬉しい」というより「ウザい」になりがちです。

こちらも「私は可愛いから、なにをしても許される」って思っちゃいがちですが、LINEを読む画面を見た瞬間に相手が可愛いとか可愛くないとかはスッ飛んでしまい、変な恐怖心しか残らないオトコも少なくないのです。

 

3:自撮り写真を大量に送りつける

「私は可愛い」という自負がある女子ほど自信があるのは、自撮り写真。

だからこそ、意中のオトコに「私を思い出してねっ」なんて期待も込めつつ、なにかとセルフィーばかり送っている女子もいますよね。

しかし、少量なら「やっぱこの子、可愛いよな~。目の保養だなぁ」なんて微笑ましく見ているオトコも、「これでもかっ」というぐらい大量に送りつけられてしまうと「自意識過剰すぎ。ムリ」と心境が変化しがち。

「美人は3日で飽きる」の言葉もあるように、どんなに美しくてもしつこく見ることになれば、価値が薄れてしまうのかもしれません。

 

いかがでしょうか?

せっかく可愛いのに、LINEのせいでモテ度がダウンしていたらモッタイナイですよね。

些細なことで幻滅を招かないよう、LINEには気をつけておいてソンはないのです!