ラストチャンスは今でしょ! 「年末年始だからできる復縁」ルール2つ

「今年は復縁できなかった……」と、すでに締めモードになっている未練女子たち……諦めるにはまだ早いですよ! 何故なら“年末年始は復縁にもってこいの時期”だからです。このラストチャンスを活かせるかどうかで、新年の迎え方が大きく変わってきますよね。なのでさっそく“年末年始だからできる復縁”のールをご紹介しましょう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

ルール1:連絡は元カレ以外にもする

“復縁”するためには、まず元カレに連絡しなければなりません。

とはいえ、別れた彼と久々に連絡となると、ついつい尻込みしてしまいますよね。

それにいきなり個人宛に連絡したら、“復縁”したい下心を見抜かれて悪印象を与えてしまうかもしれません。

そこで大切なのが、メールの一斉送信、もしくはLINEのグループトークです!

これなら元カレに自然と連絡することができますし、元カレが拒絶していないなら“復縁”の可能性が見込めますよね。

年末年始の挨拶は絶好のチャンス!

そしてこの連絡方法ですが、まさに“年末年始”が絶好のチャンスなんです!

何故なら大勢の人に一斉に連絡を入れてもおかしくないイベントというと、年末の「よいお年を」か年始の「あけましておめでとう」が当てはまるからです。

例えば“復縁”を狙って元カレの誕生日にお祝いの言葉を送っても、その下心はバレバレですし、大勢の人に一斉に送る内容ではありませんよね。

だけど年末年始の挨拶なら、元カレにしたところで不自然ではないですし、礼儀の一貫として受け止めてもらえます。

それにやっぱり年末年始って、気持ちが新たに切り替わりやすい時期。

元カレもこの頃には、別れたあなたに対する険悪な感情が無くなって、新鮮な気持ちであなたと向き合ってくれるかもしれませんよ。

 

ルール2:けっして焦らない

年末年始の挨拶を一斉送信……したところまでは良いのですが、そこで元カレから返信が来たからといって舞い上がってはいけません。

もっと言えば、「この機会を逃したくない!」と焦って、「あの時はごめんね」などと謝罪を始めるのもNGです。

これはあくまで“復縁”のきっかけですし、元カレも気持ちを新たに返信してくれたのに変に蒸し返してしまってはせっかくのチャンスも水の泡になります。

なので焦る気持ちをグッと抑え、あくまで「久しぶり~」と軽い感じで話していきましょう。

LOVE系絵文字もダメ!

また、気持ちが完全に抑えきれず、ついついハートなどのLOVE系絵文字を使ってしまうのもNG!

元カレは返信してくれているものの、まだあなたに対してそれなりの警戒心を持っている状態。

そんな時にLOVE系絵文字を送ってしまうと、「やっぱりか」と冷められてしまいます。

むしろ元カレの警戒心を逆手にとって、サッパリとした文面で会話をしていくのが何より効果的!

元カレは予想と外れて「あれ?」と思う反面、逆にどんどんあなたが今どんな気持ちでいるのか気になり始めてくれますよ~。

 

何かと忙しい年末年始ではありますが、心の大掃除ができたり、新年を迎える新しい気持ちを得られたりと、なんだかんだ“復縁”=改めてお付き合いをしやすい時期なのです。

ぜひ今回の記事を参考にして、年末年始のラストチャンスを逃さないようにしてくださいね!

 

 

【参考】

実は今がチャンス!年末年始を利用して復縁する方法5つ【前編】 – Menjoy!

実は今がチャンス!年末年始を利用して復縁する方法5つ【後編】 – Menjoy!