車でもバレバレ!? 隠れ「重度のマザコン男」すぐわかるチェック3つ

マザコンなオトコとだけは結婚したくない女子もいますよね。オトコは大なり小なりマザコンとも聞きますが、限度を超えたマザコンと結婚しても不幸になりそう。様々な人間模様を見てきた元市議の筆者が、結婚するとヤバそうな密かに重症のマザコンチェックを3つお伝えします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

1:クルマのナンバーチェック

彼がクルマに乗っているなら、ナンバーをチェックしましょう。マザコンなオトコのなかには、ナンバーを母親に絡めている人もいるからです。

パッと見では誕生日っぽくなくても、日付を逆からナンバーに当てはめているパターンもありますので要チェック。

数字が不可解に思えたら、「このナンバー、どうやって決めたの?」とさりげなくチェックしておくと安心です。「コレ? 母親の誕生日なんだよー」なんて言われたら、かなり危険かも……。

通常、母親よりも自分やペットにまつわるナンバーを設定する人が一般的ですよね。そこでわざわざ母親を絡めていることがわかれば、マザコン度は高めでしょう……。

 

2:スマホの短縮登録チェック

母親とは別々に暮らしているのに、スマホの電話帳の短縮登録に母親の名前があるのも危険な兆候です。

父親のナンバーも同じように登録されていればまだセーフなものの、実家や父親、兄弟の番号は短縮登録していないのに、母親の電話番号だけが登録してある場合には相当なマザコンかもしれません……。

短縮ダイヤルに登録されているということは、それだけ母親に電話をする回数が多いということも推測できます。ひょっとして、電話で毎日のように近況報告をしているのかも……。

彼がスマホを開いたタイミングで、さりげなくチェックしてみてくださいね!

 

3:母親の写真チェック

彼の部屋に飾ってある写真を見渡したときに、母親の写真が飾ってあるならば、残念ながらマザコン度は高いかもしれません。

実際のところ、母親がすでに他界している場合には写真を飾っているオトコは少なくありませんが、存命なのにわざわざ写真を飾っているオトコは珍しいものです。

家族写真ならまだセーフですが、母親がひとりで微笑んでいる写真や自分の子ども時代に母親とふたりで写っている写真を飾っているタイプには、重症なマザコンも多めです。

「いつも母親の顔を見ていたいから」なんてロマンチストなマザコンかもしれません。

 

いかがでしょうか?

「俺ってマザコンでさー」と自己申告をしてくれる重度のマザコンオトコは少ないため、自ら見抜く審美眼が重要になってきます。

マザコンオトコと結婚してしまえば、姑との関係にも悩みがち。結婚前に彼の資質をしっかりチェックしておいてソンはないのです。