「今日俺に付き合って…」ドキドキ爆発デートになったのか!? 3つ

みなさんは、付き合ってない男子から「今日ちょっと俺に付き合って」なんて言われたことがありますか? こんなことを言われたら、クリスマスも近いし、ドキドキですよね。いったい、何が待ち構えているのか…!? 今回は、実際に「今日付き合って」と言われて付き合ってあげた女子たちのエピソードをご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

1:クリスマスプレゼント選び

「仕事中に、“仕事終わったら、ちょっとだけ時間空けられる?”と男友達からLINEが入りました。年末進行で忙しかったのですが、少しだけ期待もあって、OKしたのです。“なんだろう?”という好奇心もありました。彼はラブラブな彼女もいるので。

新宿のカフェで待ち合わせをして、軽くお茶をしながら、“最近どう?”的な話をしたあと、彼が向かった先は、近くのデパート。

“彼女のクリスマスプレゼントになにを買ってあげたらいいかわからないから、一緒に選んでほしい”

とのことでした。そういうことかぁ……と納得はしましたが、ちょっとだけ残念な気持ちもしました」(23歳/豊島区)

ー結局、プレゼントを選んであげたんですか?

「そうですね。選ぶというか、アドバイスくらいですが。“コレ、ちょっと付けてみて”とかネックレスを付けさせられたときは、軽くドキドキしちゃいましたが」

ーなんかデートっぽい感じじゃないですか。

「そのあと、“御礼がしたい”と言われ、食事というか、飲みに行くことになりました。確かに私が彼女の立場だったら、自分のプレゼントを買うときに、こんなエピソードがあったら嫌ですね(笑)」

ーじつはその彼、ちょっとあなたのことが好きなのでは?

「えー。そうだったらうれしい気もしますが、彼女とラブラブなので」

ー他にはアプローチをかけられたりしていないのですか? 例えば、帰りに手をつないじゃったとか、いつもLINEをしてくるとか」

「LINEは結構しますけど、手はさすがにつながないですよ」

ー彼女とケンカしたときに、飲みに誘ってくるとか。

「あー。それはありますね。だから、友達なんですよ」

ーなんか怪しい香りがしますね。ぜひ続報を聞かせてください。コレ、僕のLINEです。

「(笑)はい。わかりました」

 

2:課長の愚痴

「会社の後輩男子に、“今日、ちょっと飲み付き合ってくれませんか?”と言われ、ふたりでかよ……と思ったけど、付き合ってあげたんです。

なんか結構、彼から熱い視線なども感じていたし、わかりやすく“好きビーム”みたいなものを出している気がしたので」(29歳/文京区)

ー惚れられている感じだったのですか?

「そうですね。なんとなく、そんな感じがしていました」

ーそれなのに付き合ってあげたということは、まんざらでもなかった?

「というわけではないのですが……。私もフリーだし、でも、会社の後輩だし。自分の気持ちを確かめるつもりもありましたね。彼が一線を越えてこようとしたときに、どう反応するか。自分が」

ーふたりで飲みに行って、彼は一線を越えてきそうになったのでしょうか?

「2、3杯飲んだところで、“今日呼び出してしまったのは、じつは真面目な話があるんですよ”と言われ。きたー!と思いました。そしたら……」

ーそしたら……?

「本当に真面目に仕事の話で、課長の愚痴をずっと言っているんですよ。“あの課長のやり方は間違っていると思うから、ついていけない”的な」

ー仕事の話だったんですねぇ……。それでどうしたんですか?

「いや、じつは課長からも、同じように彼の愚痴を言われてたので、“でもそれは違うんじゃないのかなぁ”と、軽くさとしました」

ー“好き好きビーム”は勘違いだったんですかねぇ?

「ね。打倒課長派に私を引き込みたかったのかもしれませんね」

 

3:おごってくれなくて激怒

「“今夜付き合って”と言われて、飲みに行ったことありますよ。そのくらい誰だってあるでしょう(笑)? ムカついたのは、そう言われて付き合ったのに、割り勘にしてこようときたヤツですね」(24歳/葛飾区)

ー自分から付き合ってと言ってきたのに?

「そうですよ。ありえないですよね。自分が彼女にフラれそうで落ち込んでいるからって、こっちを呼び出して、さんざん相談しておいて、お金は割り勘ってそりゃないですよね」

ー恋に進展する感じはまったくなさそうな相手だったんですか?

「ないない! あるわけないですよ。あんなヤツ。“彼女もよくオマエなんかといままで付き合ってきたな。フラれたとしても、感謝したほうがいいよ!”と言ってやりましたよ」

ーヒドいこと言いますね(笑)?

「そのくらい言ってやったほうがいいんですよ。友達だから。少しは反省しないと、同じことを繰り返すでしょう? 女を舐めているんだから」

ー結局、おごらせたんですか?

「当たり前。“こんなとこでグチグチ言っているオマエもかっこ悪いけど、そんな風に言わせる彼女もイイ女じゃないよ。反省して一からやり直しな”と、ナイスアドバイスしてあげましたから」

ー彼に「今夜付き合って」と言われたとき、ドキドキなんてない感じだったのですか?

「あるわけないでしょ。昔からの大事な友達だけど、男として見てないですよ。でも、昔、困っているときにこっちが世話になったこともあるしね」

 

「今日俺に付き合って」と言われ、付き合ってみた結果……どうなったかのエピソードをご紹介しました。なかなかドキドキな展開には期待どおりにならないようですね。もうドキドキしたいなら、シチュエーションは、女子からつくるしかないかも!?