ホムパで本性バレバレ〜!「結婚すると最悪なオトコ」の特徴3つ

ホームパーティでは、意外とオトコの本性が見えますよね。外食と違いホストファミリーにどれだけ気を使えるのかによって、性格が出やすいシーンでもあります。今回は様々な人間模様を見てきた元市議の筆者が、ホームパーティでバレバレな結婚すると最悪なオトコの特徴を3つご紹介しましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

1:まったく動かない

ホームパーティでは、準備から片付けまでホストファミリーは大忙しです。

そんなシーンで、「悪いなぁ」「大変そうだな」という心理になりちょっとしたお手伝いをするオトコも少なくありません。お料理のお手伝いはできなくても、片付けやゴミ捨てなどゲストのオトコが担えるお手伝いって、意外とありますよね。

しかしダメなオトコほど“お客様気分”が強く、座りっぱなしでまったく手伝おうとしない傾向に……。こんなオトコと結婚すれば、妻がどんなに多忙を極めていても、まったく手伝ってくれない“お殿様”のような夫になりそうで、コワイですよね。

実際に手伝うかはともかくとして、ホストに対して「手伝おうか?」のひと言が大事ですよね。

 

2:褒めないけど文句が多い

ホームパーティでは、腕によりをかけたお料理がたくさん出されるもの。「おいしい!」と大感激なお料理もあれば、正直なところ「うーん。私はコレ苦手かも」と思ってしまうメニューがあるかもしれません。

そんなときに、イイものに対して褒めることはないのに「コレは、イマイチだなー。俺は苦手だなー」なんて文句だけは一人前なオトコも、結婚には不向きなタイプ。

妻の料理に対しても、おいしいときは黙って平らげ口に合わないときにはバシバシ文句を言うタイプかもしれません。

正直な感想を言うのは決して悪いことではありませんけれど、文句ばかり聞かされていれば結婚生活にウンザリしちゃいますよね。

 

3:好物はひとりで食べまくる

ホームパーティは大勢が集う場ですから、おいしいものや珍しいものがあればみんなでシェアしあうべきシーンですよね。

ところが、ダメなオトコほど「コレ、うめぇ!」なんて言いつつ、周囲のことを考えずに一人で食べまくることが……。

「私も食べてみたいな」なんて思っても、そのオトコがバクバク食べちゃって、残ったのはほんの少し……なんてことになれば、手を伸ばしにくいですよね。

自分のことしか考えずに協調性がないタイプは、結婚後にも自分本位な行動に出ることが多そうで妻が苦労させられそうです。

結婚生活では協調性ってとても重要ですよね。

 

いかがでしょうか?

外食ではわからなくても、ホームパーティだからこそわかる本性もあるのです。

気になる彼とは、結婚前にホームパーティに同席しておいたほうが本当の性格がわかって安心かもしれませんね。