可愛くてもダメ!演じると「モテなくなっちゃうキャラ」3つ

女はなんとしてでもモテたいときがあります。そんなとき、実際の自分とは少し違ったキャラを演じてみるなんてこともあるでしょう。ですが、それが実際にはモテないキャラだったとしたら、それは逆効果になってしまいます。自分定着させるキャラはコロコロ変えることはできないので、どんなキャラがモテないのかを知っておく必要がありますよね!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

それでは『Menjoy!』の過去記事を参考に、いまいちモテないキャラをまとめてみましょう。それぞれのキャラについて、男性陣にも意見を聞いてみました!

 

1:個性的

「可愛いのに、私服がメッチャふりふりの服とかで引いたことあるなぁ」

「なんか普通にしてたら女の子っぽいのに、持ってる物がいちいち男が好きそうな趣味のもので残念に思ったことがあります」

顔が可愛い子にありがちだという、個性派キャラ。特に服装などで個性を発揮しようとすると、間違った方向に走ってしまう可能性が高いので注意が必要です。

可愛いと自覚している人ほど、どんな服でも着こなせるという自信のもと、奇抜なファッションに手を伸ばしがちです。

個性を演出するのは重要ですが、あまりにも個性的すぎると不思議ちゃんとして彼女候補から外されてしまう可能性もあるので、気をつけてくださいね。

 

2:天然ボケ

「話が普通にできない感じにボケてくる女は“バカなのかなぁ”って思うから、彼女にはしたくないですね」

「飲み会の席でいきなり奇声を発した子が居て、“えっなに?”って思って、そこから興味がなくなった」

天然キャラはモテるというのは、全体的なバランスが整っている場合のみのようです。多少ボケる分には笑いが取れていいかもしれませんが、「こいつ何言ってるの?」と思われてしまってはおしまいです。

しかも天然キャラは、自覚していない状態だからこそ天然なのであって、自分から演じてしまうとあざとく見えてしまう危険性もあります。

芸能人などでおバカキャラで売れている人もいますが、それが一般的な男性にモテるかと考えると疑問でしょう。

 

3:ツンツン

「美人な女の子で、いいなぁって思ってたんだけど、話しかけてもいつも素っ気ない態度だったから“冷たい”って感じて諦めた」

「現実的にツンデレな子って実際に会ったことないかも。ツンツンしてる子とデレデレしてる子はみたことあるけど。どっちも微妙だよね」

ツンデレがモテるというのは、アニメやドラマでは王道です。が、実際にツンデレキャラを演じるのはかなり難しいです。

ツンデレを演じようとして間違えてツンツンキャラだと思われてしまうと、それはただの冷たい女です。男性は普段は強がっていても、甘えてくれる女の方が好きなので、ツンツンとして近寄りがたい女になってしまったらモテなんてはるか遠くにいってしまいます。

 

いかがでしょうか? 実際にモテへの道は険しいですね。自分が周りからどんなふうにみられているのかを一度客観的にとらえて、何が足りないのかを研究してみるといいかもしれませんよ。

 

【参考】

「顔は嫌いじゃない…“だけどヤダ!”と言われちゃう女のNG3つ」 – Menjoy!

「顔じゃなかった!かわいいと噂になる子が“絶対にしないこと”3つ」 – Menjoy!