ちょ…なにコレ!男子がかわいくなっちゃう「エッチの裏ワザ」3つ

エッチのテクと言っても、セクシー女優のような過激なテクは必要ありません。ちょっとした工夫で、男子が「もう●●(あなたの名前)なしではムリ……」とかわいくなっちゃう裏ワザを、『初めてのオーガズム: 26人のハツイキ告白』の著者で恋愛コラムニストの箱崎キョウコさんがご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

1:エッチな予告をする

ー今回は、“男子がかわいくなっちゃうエッチの裏ワザ”というテーマです。

箱崎「なにもしなくても、男子はかわいいですけどね」

ーエッチな意味で“かわいく”しちゃうテクニックはないでしょうか? 読者はかわいくさせられた男子を見たいと思っているんですよ。

箱崎「では今夜、“生まれてはじめての体験”、教えてあげましょうか?」

ーえっ!?

箱崎「ドキドキしちゃって、かわいいですよ。読者もかわいい男子を見ることができました(笑)」

ーやめてくださいよ。

期待させる時間が長いほど、効果的!

箱崎「こうやって、“エッチな予告”をすることは効果的です。テクそのものではなく、“今夜、●●してあげる”とか予告して、想像させて、期待させる。ドキドキです」

ー確かにドキドキしました。

箱崎「なにも言わずにいきなりするよりも、想像させ、ドキドキ・ムラムラ、期待させる時間が長いほうが、エッチのときの興奮が高くなります。ぜひ、この裏ワザ、試してみてください」

 

2:お願いする

ーエッチの最中に使える裏ワザはないですか?

箱崎「ありますよ。それは、“お願い”することです」

ーお願い?

箱崎「“ねぇ、●●して……”と、下から目線でもいいんですよ。相手は言うことを聞いてあげる、つまり上に立っているように錯覚するんですけど、“お願い”って、じつは命令の一種なんです」

ー確かに、言い回しはへりくだっているけど、相手に言うことを聞かせているわけですからね。

箱崎「お願いを悪用して、やってもらうことをどんどんエスカレートさせていってください。気がつくころには、彼はあなたの言いなりになっています」

彼があなたのお人形さんに……!

ーこれは確かに裏ワザですね。

箱崎「最初は“キスして”とか、“触って”とか。こっちがされる行為にすると、相手が受け入れやすいですね。言うことを聞く癖がついてきたら、“目をつぶって”とか、“横になって”とか。相手を動かす。“そこに座って”などのお願いを自然に聞くようになったら、彼はもうあなたのお人形さんです」

 

3:上に乗っかる

ードキドキさせて、お人形さんにさせても、そこからどうしたらいいかわからない人もいるかもしれません。

箱崎「彼の上に乗っかるというテクでトドメを刺せますよ」

ー上に乗っかる。

箱崎「そうです。彼の下半身ではないですよ、上半身に乗っかって、のぞきこむように顔を見ます。

そうすると、上から髪の毛がファサッとカーテンのように彼の顔のまわりにかかりますね。カーテンの中には、彼を見下ろすあなたの意地悪な顔……」

普通のエッチでも、特別なエッチになっちゃう

ーなんだかゾクゾクしますね。

箱崎「エッチな期待でドキドキ興奮しているときに、上から見下ろされる形で顔を見させると、“この人が僕を気持ちよくさせてくれる人……”と、かわいい感じの刷り込みを与えることができます。

ここまでしておけば、あとはもう、普通にエッチしても、彼にとっては特別なエッチに感じられ、“●●なしではいられない……”状態になるのではないでしょうか」

 

男子がかわいくなっちゃうエッチの裏ワザを3つご紹介しました。自然に使える感じなのに、恐ろしい効果がありそうですね。年末年始の休暇を利用して、彼をかわいくさせまくっちゃってください!

 

 

【取材協力】

箱崎キョウコ・・・ライター兼スナックホステス。共立女子大学、短期大学部卒業。恋愛コラムニストとして書籍なども続々発売中。