最後はカレシじゃない人と…!? マジメ女子の「不純な」年末エッチ

みなさん、多くの人はもう仕事納めをしたかと思いますが、エッチ納めはまだではないでしょうか? 2016年最後のエッチ、もちろん愛する人としたいに決まってますが……、愛する人って、カレシじゃなかったりして!? 今回は、とっても不純な“年末エッチ”の話をご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

1:忘年会で“不純”なことを……

「すみません。忘年会で大変なことをしてしまいました」(A子さん/24歳/新宿区)

ー大変なことって、なにをやらかしたんですか?

「会社の後輩らしき人と、気がついたらホテルへ……」

10歳年上の後輩と……!

ー後輩らしき人って、誰だかわからないんですか?

「いえ、そういうことではなく、会社では私が先輩なのですが、年齢は10個上の男性なので」

ー10歳も年上の後輩(笑)。

「なんか、敬語を使われるとゾクゾクしちゃうんですよ」

なんと既婚者だった……

ー最初からちょっと気になる人だったんですね?

「うーん、そうですね。いま考えると、最初から好きだったのかもしれません。でも、私はカレシがいるし、彼にも奥さんがいるので、猛反省です……」

 

2:不倫でも構わない……!?

ー不倫じゃないですか! ダメですよ!

本当に好きになってしまったみたいなのです

「そうですよね……。すみません。でも、私、本気なんです。本当に好きになってしまったみたいなのです」

ー相手の10個上の後輩は、どう思っているんですか? 奥さんと別れる気はあるのですか?

「最近レスだと言っていました」

ー本当なんですかね、それ?

エッチのとき、確信しました!

「本当だと思いますよ」

ーなんでそう言い切れるんですか?

「エッチのとき……。そう確信しました」

奥さんと別れてもらいます!

ーどうするつもりなんですか? 自分だってカレシがいるんでしょう?

「カレシとは別れます。でも、彼にも奥さんと別れてもらいます」

 

3:身体の相性が……

ー今年も終わりだと言うのに、大きな問題を抱えてしまったようですね? 会社の後輩なんだし、不倫だし、仕事にも影響があると思いますよ。

「どうしよう……。どうしたらいいですか?」

もう私、カレシじゃダメなんです……

ーとりあえず、相手は既婚者なので、ちゃんと別れるまではそういう関係にならないほうがいいのでは? もうなっちゃったけど。

「もう私、カレシじゃダメなんです……」

ーでもその人は既婚者なので、別の人を探したほうが……。

「彼じゃないとダメなんです!」

一晩だけだけど、わかってしまいました

ー彼の、その10歳年上の後輩の、なにがそんなにいいんですか?

「えっ……。それは……」

ーそれは……?

「相性がよすぎるというか……」

ーエッチの相性がいいと?

「……かもしれません」

ーだって、一晩しかしてないんですよね?

「一晩だけだけど、わかってしまいました」

 

4:エッチで気持ちいいと……

ーそんなにカレシと違うんですか?

「はい。全然違います。私は、その、はじめて……」

ーはじめて?

「……はい。はじめて、エッチで、気持ちいいと思ってしまいました」

経験人数は……ふたりだけ!?

ーそうなんですね。……失礼ですが、いままで、経験人数はどれくらいなのですか?

「そんな! 酔ってラブホにいたなんて、今回、生まれてはじめてです! いままでは、付き合った人としかしてないです!」

ーいままで、何人と付き合ったんですか?

「……じつは、いまのカレシが初めてのカレシです」

ーじゃあ、その10個上の後輩はふたりめってことじゃないですか!?

「……そういうことですね」

好きじゃない人とエッチするような女じゃないんです

ーそれじゃ、その人との相性だけがいいかどうか、わからないですよ。もしかしたら、カレシがすごく下手なのかもしれないし。

「カレシのことを悪く言わないでくださいよ」

ーあっ、失礼しました。でも、そういうことならば、相手は既婚者だし、やはり他の人を探してみたほうがいいですよ。

「でも、好きになってしまったんです。私は、好きじゃない人とエッチするような女じゃないですから」

 

5:社内不倫は問題ですよ!

ーでも、相手は既婚者ですから。いまの関係は非常にまずいと思いますよ。会社の後輩でもあるわけでしょう? 社内不倫は問題です。

「ど、どうしよう……」

ーとりあえず、今年ももう終わることですし、2017年の目標は、他に好きな人をつくることにしたらどうでしょうか?

「まだカレシとも別れてないし、その彼のことも好きって気持ちがあるし、そんな目標……ダメじゃないですか?」

好きになっちゃいけない人ですから……

ーまず、好きじゃないなら、カレシと別れましょう。そして、その彼は好きになっちゃいけない人だから、他の人を好きになりましょう! ね?

「私に……できるかな?」

ーできます! A子さんは、真面目でちょっと思いつめちゃうところがあるから、もう少し冷静になって、リラックスして2017年を迎えてください。

「ありがとうございます」

ーA子さんは笑顔がとても素敵ですから、きっとすぐにいい男が見つかりますよ。

「そんな……(笑)。お世辞でもうれしいです。少し、元気が出ました。ありがとうございます」

 

ピュアすぎるA子さんの、不純な年末エッチ。真面目だからこそ、思いつめてしまう様子が痛々しく、そして切ない話でしたね。2017年は気をとりなおして、明るい一年にしてもらいたいものです。