なんと500円で買えちゃう!? 着物の女性が美しく見える理由3つ

新年を迎え、より一層街も人も活気に満ちあふれます。たくさんの人でうめつくされる道でも、時折いる着物を着た女性は人の目を惹きつけます。新年という季節を存分に利用して、新しい自分の魅力を引き出してみてはいかがでしょうか。今回は「なんと500円で買えちゃう!? 着物の女性が美しく見える理由3つ」をご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

1:自信がある

「着物を着る」という自分自身の表現の仕方を知っている女性です。美を追求し、たどり着いた答えとも言えるでしょう。だからこそ、自信があるのです。

着物は簡単に着ることもできませんし、歩きまわるのだって姿勢をただし、腹筋を使うので決して楽とは言えません。そんな手間も労力も必要な着物をあえて着るのは着物の美しさを解し、日本人として自己理解している女性ならではなのです。

 

2:凛としている

着物を着る女性は凛としています。着物を着るとある程度体が締め付けられるせいか、心もキュっと引き締まります。そして、自然と背筋を伸ばしたくなります。

古くから受け継がれる着物。そこに描かれている刺繍や模様、色など色彩もデザインも様々ですが1つ1つが丹精ではかりきれない奥の深さを感じさせてくれます。その世界観に魅了された女性は凛としていて、その瞳はまっすぐなのです。

 

3:清潔感がある

現代の洋服では出せない味わいを演出します。そこには、どこかもの悲しいはかなさ、そして女性特有の愛らしさがあります。

着物がもつ魅力、それは清潔感です。丁寧でひかえめで、でもそこに隠れる真の女性らしさが男性の心までも魅了します。ミニスカートにブランドのヒールもとてもチャーミングですが、全てを美しい布でまとった女性のミステリアスでアンニュイな美しさに終わりはありません。

 

なんと500円で着物が買える!?

着物を借りるにしても、着付けしてもらうにしても少々お金がかかります。とはいっても、オークションや古着屋などを活用すると、なんと着物自体は500円で手に入ることも……!

他にも、草履、じゅばん、襟芯、帯、帯締め、帯留、帯揚げ、足袋、着物用肌着なども必要ですが、がんばれば合計5,000円くらいで揃えることも可能です。

よくわからない人は、着物の古着屋さんに行って、「一式揃えたいんですけど……」と頼んでみましょう。うまくお願いすれば、そのまま着付けまでしてくれるかも!?

素人には難しい着付けですが、小紋であれば、2,000円くらいからお願いできるところがあります。計7,000円の投資なら、安いものですよね! 着物は、それに合った髪型がとても大事なので、余裕ができたお金で、美容院でセットしてもらってください。

昨年必死にエステや美容外科やジムに行った自分へのさらなる自己投資だと思って、まだ誰も気づいていない内側の美を引き出してはいかがでしょうか?

 

新年という季節を存分に利用して、新しい自分の魅力を引き出してみてはいかがでしょうか。

「可愛い」や「キレイ」の先にあるものを見ると、きっと見える世界も変わってきます。自分の中にある真の「美」を見つめなおすいい機会になるでしょう。