告白の必要ナシ!「絶対に好きになってくれる相手」の見つけ方3つ

みなさんは、カレシがほしいなと思うとき、どうしますか? 気になる人ができるとドキドキで、告白するには勇気がいりますよね。でも、もうそんなドキドキは無用かも……。今回は元No.1キャバ嬢のナナミ・ブルボンヌさんに「好きになってくれる相手」の見つけ方を教えてもらいました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

1:出会いはどこでもいい

ーー好きになってくれる相手というのは、いったいどこにいるのでしょうか?

ナナミ「なかなかいないですよね」

ーーやっぱりそうですか……?

ナナミ「好きに“させる”ことはできるかもしれないですけど、ありのままの自分で好かれるっていうのは、そうないと思います」

ーーやっぱり性格が悪いからいけないんですかね?

ナナミ「私もね」

ーー性格が悪くて、あまり好きになってもらえない人……こういう人は、どこで「好きになってくれる人」を見つけるべきでしょうか?

ナナミ「どこでもいいと思いますよ。というか、自分のいるあらゆる場所に可能性を見出すべきでしょうね」

ーー……というと?

ナナミ「“好き”って本気で思ったとき、相手にそれを伝えられますか?」

ーーなかなか難しいですよね。

ナナミ「むしろ隠してしまいませんか?」

ーーそうかもしれません。

ナナミ「だから、自分が普通にしている場で、本当は好かれているのに、見逃している可能性がありますよね。それをちゃんと探さなければなりません」

 

2:聞く

ーーしかし、自分がいる場所で、どうやって探せばいいのですか? まさか「私のこと好きですか」と聞くとか……?

ナナミ「そう聞けるなら、それでもいいと思いますけどね」

ーーなかなか聞けないですよね?

ナナミ「“好き?”って聞く必要はなくて、相手のことを聞いてあげるといいと思いますよ。相手に興味をもってあげる。興味をもたれていると感じると、相手は好意を感じるものですから」

ーー好意を感じさせてあげる。

ナナミ「そうすれば、はじめからこちらのことが好きな人は“両想いかも!”と思って、積極的になってきますよね」

ーーそうじゃない人に嫌がられちゃうってことはないですか?

ナナミ「そういう相手には、嫌われていますね(笑)。でも、こちらから好意を示しているわけだから、そういう人とも、仲良くなっていくと思いますよ」

 

3:聞くために話す

ーーあまりいろいろと聞かれることが苦手な人も多いのではないですか?

ナナミ「そうですね。日本人はシャイだから。私もですけど」

ーーどうすれば?

ナナミ「相手のことを聞くとき、相手の心を開くために、こちらのことを話すという方法がありますね。

自分のことを話すのは、あくまで相手に心を開いてもらうため。自己主張ではない。この態度が大事です。あくまで相手が主役で、謙虚にいきましょう」

ーーなんか、この時点で、本来の自分から人格が変わってきてる気もしますね?

ナナミ「好きな人と出会うって、それだけ大変なんですよ。今回、こちらが“見つける側”なので、それなりに苦労はありますよね。でも、見つけようとしている時点でアグレッシブな性格しているので、このくらいはするでしょう」

ーー確かに、そんなことすらどうでもいい……と思っている人もいますよね。

ナナミ「それはともかく、相手のことを聞く前に、自分が話すというテクニックは王道で、名前を聞くときもそうですよね。LINE交換など、連絡先を聞くときにも使えますよ」

 

好きになってくれる相手の見つけ方を3つご紹介しました。「合コンに行く」とか「出会い系サイトに登録する」とか、そういうことではないようですね。まずは、今の自分を好きになってくれてる人を見つける……その見つけ方でした。

 

 

【取材協力】

ナナミ・ブルボンヌ・・・元No.1キャバ嬢のライター。スポーツ新聞などでライターをつとめる傍ら、ネットショップでレディースウェアやコスメも取り扱っている。著書も絶賛発売中。