知らないと気がつけない!「思いやりがあるかどうか」3つのチェック

あなたは自分の彼に、思いやりを感じたことがありますか? 思いやりのある男性は、できればそのまま逃さずに結婚したいもの。しかし付き合っているうちは意外と、その良さに気付かないこともあるんです。そこで今回は、恋愛心理カウンセラーの筆者が、付き合ったら絶対に逃したくない、思いやりのある男性の特徴をご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

思いやりのある男性はこんな特徴を持っている!

1:テーマパークで快適に過ごせる

テーマパークデートの後、もちろん遊園地の楽しさを噛みしめるのも良いですが、パークにいる間中、どれだけ快適に過ごせたかどうかを思い返してみてください。

テーマパークといえば、乗るのも食べるのも、並ぶのが基本です。人混みがすごかったり、お土産物を見たりして、時間がかかりまくります。

そこで、機嫌を悪くなって、お店を見るときに「さっさとしろよ」なんて言い出す男性だったら、あなたはきっと快適にその1日を過ごせませんよね。

一方、並んでいる間も機嫌がよく、お店にもついてきて、一緒に商品を見て楽しめるよう気遣ってくれた男性なら、“思いやりがある”と言えるでしょう。

 

2:プレゼントは、常識あるいは平均以上

プレゼントは、個人個人のできる範囲で……なんて言うものの、やはり年齢や仕事の状況に応じて、それぞれの常識とか平均といったものが存在します。

しかも、ネットでなんでも検索できる便利な時代ですから、どんなものが喜ばれるのか、みんながどんなものをプレゼントしているのか、ちょっと調べればすぐに丸わかり。

それなのに、全く女性が喜ばないようなプレゼントや、価格的に安すぎるプレゼントを贈ってくる男性は、下調べも全くせず、相手がどんなものを喜ぶかも考えていない証拠です。

おおむね平均か、それ以上のものを出してくる男性なら、あなたの好みを気に掛けてくれているか、どんなものがいいのか調べている、“思いやりがある”男性でしょう。

 

3:ありがとう頻度が高い

あなたは、日常生活の中で、一日にどれくらい「ありがとう」と言いますか?

女性でもそうですが、思いやりのある男性は、「ありがとう」と言う頻度が高いのです。

日常のちょっとしたことにも感謝をするし、さらに、感謝をしているということを「ちゃんと伝えなくては」と考えているので、口から「ありがとう」という言葉がしょっちゅう出てきます。

あなたにだけではなく、両親とか、友達、お店の人にも「ありがとう」と言いますし、LINEなどでも、ありがとうのスタンプを頻発することもあります。

 

思いやりはなくなることもあります

余談ですが、思いやりを持っていた人でも、年齢を重ねて、残念ながら思いやりを失ってしまうこともあります。

心理学の研究では、競争社会の中で、お金を得たり、地位を得ることに一所懸命になる代償として、思いやりを失う可能性があると指摘されているのです。

ただ、そうはいっても、思いやり豊かに育った人は、よほどのことがなければ、その思いやりの全てを失うことはないでしょう。

今、思いやりのある人が、一生そうだとは限りませんが、少なくとも思いやりが全くない人に比べたら、思いやりのある人と共に過ごしたいと思いますよね。

さあ、今度、彼の思いやり度を調査しに、テーマパークへデートに行ってみましょう!