う…うまいぃ!一人暮らしの彼の「胃袋が泣いて喜ぶ」料理の心得4つ

「今度、料理を食べさせてよ」……一人暮らしの彼にそんなふうにお願いされたら、あなたの“女子力”を見せつける絶好のチャンスですよね! 美味しい料理で彼の胃袋とハートをガッチリ掴むため、一人暮らしの男性に手料理を振る舞うときに“もっと彼を喜ばせることができる料理の心得”について、みていきたいと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:栄養のあるメニューを選ぶ

独り暮らしの男性は、まともな食事を食べていないことが少なくありません。あなたの彼も、毎日コンビニのお弁当やインスタント食品で、栄養が偏ってしまっているかも。

そこで、彼に振る舞う料理のメニューを考えるときは、できるだけ栄養のあるものを選びましょう。

外食ではなかなか食べられないような、栄養があって家庭的なメニューや、野菜サラダなども良いですね。彼の身体を労わってあげるような料理を出してあげましょう。 

2:見た目をキレイにする

料理は舌で味わうものですが、盛り付けを工夫したり、肉や野菜の切り方を変えたり、見た目を素敵にすればそれだけで実際よりも美味しく感じられるようになるといいます。

つまり調理だけでなく、盛り付けにも気を遣うことで、あなたが持つ本来の料理の腕以上に美味しい手料理を彼に振る舞うことができるというわけです。

フライパンからお皿に「ドーン!」ではいけません。せっかくですから、レストランのように美しく盛りつけましょう。 

3:味噌汁も作る

食卓に味噌汁があるだけで、男性はちょっと嬉しくなります。

一人暮らしの男性が自分で味噌汁を作る機会はあまりないはず。彼にとっての味噌汁は、インスタントや定食の横についてくるものが主でしょう。

あなたが作った味噌汁を「久しぶりに手作りの味噌汁飲んだなぁ」と感動しながら飲んでくれる男性がいることでしょう。

調理も簡単ですし、是非とも彼に手料理を振る舞う際は、味噌汁を作ってあげましょう。 

4:最後にデザートを出す

彼に一通り栄養のあるメニューを食べさせたら、最後にデザートを出しましょう。

わざわざ手作りで甘いものを作る必要はありません。スーパーで買った果物をむいてあげてもよいですね。

美味しい手料理を食べた後に、デザートまで出てきたら、「まるでフルコースだ!」と喜んでくれるかもしれません。普段、甘いものを食べないという男性も少なくないので、デザートで最後のひと押し、彼に満足感を与えてあげましょう。 

いかがでしたか?

手料理を振る舞う際に、ちょっとひと手間くわえるだけで彼はもっと喜んでくれます。これらの情報を参考に、彼の胃袋をぐっと掴んでくださいね。

  

【参考】

アレを重くするだけ!あなたの手料理を「美味しい」と思わせる方法 – Menjoy!