ああぁ…悲劇の勘違い!モテない女が「間違えていること」3つ

みなさんのまわりには、「この子、本当にモテないな……」と思う女子はいますか? モテるモテないで、人間の価値がはかれるとは言いませんが、あまりにヒドイと、なんとかしてあげたくなりますよね。今回は男子たちに「モテないと思う女子はどんな人?」と質問しました。回答を元No.1キャバ嬢のナナミ・ブルボンヌさんが解説します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

1:謙虚をとおりすぎて自虐

「“私なんか本当に……”とか、“私のようなものが……”とか、謙虚をとおりすぎて自虐的な子。確かにそう言う子って、外見はよくないことが多いけど、それ以上に、その自虐的な態度が痛々しい」(25歳/渋谷区)

意外とモテを狙ってる!?

謙虚をとおりすぎて自虐入っている子は、痛々しい……。確かに、こういう子はモテなさそうですねナナミさん?

ナナミ「いますよね。こういう子、でもね、じつは意外と、モテを狙って自虐的発言していることもあるんですよ。完全に失敗していますけど。

自分で“かわいくない”という態度をとることで、“そんなことないよ”と言ってくれるやさしい人があらわれる一筋の光に賭けているんです。

でも、自分でそう言ってしまうことで、“痛々しさ”から余計にかわいく見えなくなっちゃう……というリスクがわかっていないんですね」

 

2:おとなしい子が、ひねくれ発言

「おとなしい子が、口を開いたと思ったら、なんかよくわからない、みんなとは違うひねくれた発言をした。おとなしいからモテないのではなく、ひねくれているからモテないのだろうなと、そのとき思った」(21歳/足立区)

自分ではキャラのつもり?

おとなしいと思ってた子が、口を開いたらひねくれ発言……。こういう子はモテないのでしょうか、ナナミさん?

ナナミ「個性ですよね。普段、あまりしゃべらない子が、面白いことや興味深いことを言ってしまう……。悪いことではないですが、モテないですね。

普段から、しゃべる子だったら、“なんか面白いこと言ったな”となりますが、ここぞ!としゃべったことが、“みんなと違うこと”だと、それがどんなに知性的でも、“変な人だな”とまわりの人には思われてしまいますから。

本人の頭のなかでは、他の人の言葉も全部入っていて、ひとりでうなずいたり、否定したりしてるから、つながっているのかもしれないですけど……。

口数が少ない人は、つい、しゃべるときには面白いことを言わなきゃ……と思いがちなので、気をつけてください。まずは普通のことをしゃべりましょう。そうしないと、面白いこと言っても、面白くなくなります」

 

3:二人きりでもサバサバしっぱなし

「ノリが合う子がいて、二人きりで飲みに行ったんだけど、飲んでいる最中もなんかずっとサバサバしていて、セクシーさを感じられなかった。ずっとカレシがいないと言っていたが、これではできないだろうと思った」(23歳/中央区)

本当は恥ずかしがり屋?

二人きりになっても、ずっとサバサバ……。こういう子はモテないのでしょうか、ナナミさん?

ナナミ「男慣れしていないんでしょうね。本当はすごく恥ずかしがり屋なんだと思いますよ。

モテる素質はあると思うのですが、男子と二人になっても、“いつもと同じ”態度しかとれない。それが“サバサバ”だと、結構苦戦します。“ブリッコが嫌い”とかいうタイプに多いかもしれません。

ブリッコしなくてもいいんですよ。こういうタイプが男子と二人になったときに必要なのは、サバサバではなく、ノリノリ。肩を組んだり、腕を組んだり、ボディタッチを多めにすれば、自分のキャラのままでモテますね」

 

モテない女子が間違えていることを3つ、男子の意見を参考に、ナナミ・ブルボンヌさんに教えていただきました。「あー、確かに友達にいる!」と思ったら、この記事をこっそり教えてあげるといいかもしれませんね。