世界中の誰よりも!男が「ラブラブ愛してる」と思う彼女の特徴3つ

みなさんは、彼氏からたっぷりと愛されていますか? 「言葉には出さないけど、お互いに愛しあっていますよ……」なんて人も多いかもしれませんが、ときには「生まれてきてよかった!」と思うような“素晴らしい愛”を感じたいですよね。今回は男子たちに聞いた「彼女を超愛した瞬間」のお話を参考に、男子が愛しまくっちゃう女子の特徴をご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:おいしいごはん

「彼女も俺も働いていて、お互いに忙しいから、食事はいつも外食だったんだけど、ある日、彼女の家に招待されて行ったら、俺が大好きなビーフストロガノフをつくってくれた。普段料理しないくせに、めちゃくちゃ上手で、副菜なんかもしっかりあって、本当に美味しかった。

忙しいのを知っているし、料理なんてしたことないのも知っているから、どれだけこの料理のために、俺のために、時間を使ってくれたのかと考えると、涙が出そうになっちゃって……。

“コイツと付き合ってて、本当によかった〜”と感じましたね。愛情がマックスになって、“絶対に裏切らない!”と強く誓いましたよ。

そしてその夜、密かに仲良くしてた元カノのLINEをブロックしました」(ヒロ太郎/26歳/埼玉県蕨市)

時間で愛情表現してくれる

彼女がつくってくれた“おいしいごはん”に大感動して、ラブいっぱいになってしまった埼玉県蕨市在住のヒロ太郎くん。ごはんがおいしいこともうれしいけど、そのために自分の時間をたくさん犠牲にしてくれたことが、もっとうれしかったみたいですね。 

2:キャラ違いな手紙

「僕の彼女は、普段、“愛してる”とか甘いことは絶対言わないタイプ。むしろ、“ほんと最低の性格だよね!?”とか罵倒してくるタイプなんですが、僕が急な出張でウランバートルに3週間行くことになったとき、“これ、飛行機で開けてね!”と、らしくない可愛らしいメッセージカードをくれたんです。

なんだろう……と気になった僕は、成田空港行きのリムジンバスの中で、そのカードを読みました。

“普段は、あまり言えないんだけどさ、私、リヒトと付き合ってから、本当に幸せなんだ。人生って、こんなに楽しいものなんだって、生まれてはじめて思えたんだよ……(略)”

……的な感動的なメッセージがそこに! もうバスのなかで涙をダラダラ流しちゃって。ウランバートルなんか行きたくなくなっちゃいましたよ。もう今すぐ会いたくなっちゃって。

“ありがとう。本当に愛してる。いってくるよ!”とLINEしたら、“飛行機で読んでって言ったでしょ!”と怒られましたけどね」(リヒト/31歳/杉並区)

言葉で愛情表現してくれる

いつもはつれない彼女から不意にもらった感動の手紙に、思わず涙してしまったという杉並区在住のリヒトくん。極寒のウランバートルも、きっと愛の力でポカポカになったことでしょう。“言葉で愛を伝える”って大切なことなんですね。 

3:高価なプレゼント

「彼女が20万円するゼニアのスーツを買ってくれたときは、本気で感動しました。“そんなに俺のことを愛してくれているのか……”と思うと、もう抱きしめて、いっぱいチューして、なんでもしてあげたくなりました。

“物をくれたから愛してるって最低。あんたホストかよっ!”と、この話をするとよく女子たちに言われるけど、そんなことないですよね? だって、本気で信じてくれて、本気で愛してくれないと、そんな高いものって買ってくれないでしょ?

そういう気持ちがうれしいし、そういう気持ちを感じると、こっちも超本気で愛しちゃいますね」(リュウセイ★/24歳/足立区)

物で愛情表現してくれる

20万円のゼニアのスーツをもらって、ラブラブになってしまったという足立区のリュウセイ★くん。確かに、そこまで高価なプレゼントだと、相手の“本気の愛”を感じますよね。感動のあまり大好きになった! というのは、彼の本心なのではないでしょうか。 

以上、男子がラブラブに愛しちゃう彼女の特徴を3つご紹介しました。

共通していたのは、“相手からの強い愛を感じたとき”ということですね。愛情表現にはいろいろあるようですが。みなさんも恥ずかしがらず、彼氏に強烈な愛を届けてみては?

 

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!