初エッチのとき困惑…彼のアソコが「大きすぎた」ときの対処法4つ

「男性のアソコは大きい方が気持ちいい」なんて話はよく聞きますが、実際に巨根の男性を目の前にすると、「えっ! こんなの入るわけないよ……」と恐ろしくなってしまい、エッチが台無しになってしまうという事態もあります。そこで今回は、”大きすぎる彼”に出会ってしまった際にも、見事エッチを成功させる方法について解説したいと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:長めに前戯をしてもらう

「彼のアソコが大きすぎて入りそうもない……」という場合でも、長めに前戯をしてもらい、たっぷりと濡らしてもらえば、案外すんなり入ってくれるということもあります。

万事は準備運動が大事

女性の性器は自分が思っている以上に、大きなものを受け入れてくれます。見た目では「無理!」と思っても、身体の準備さえ万端になっていれば、彼をすんなり受け入れることができるんです。

エッチを本格的に始める前に、彼にたっぷりと気持ちよくしてもらいましょう。 

2:ローションを活用する

前戯をたっぷりとしてもらって、それでも挿入の際に「痛い」と感じるのであれば、ローションを使うのも一つの方法です。

道具を使うのは恥ずかしいことじゃない

「ローションを使う」と言うと、何だか変態プレイをしているみたいに聞こえるかもしれませんが、そんなことはありません。挿入がスムーズに行かない場合、道具の力を借りてみるのは恥ずかしいことではないんです。

人間は多くの道具を発明して進化してきました。ローションを使えば、大きい彼のアソコも素直にするすると入っていくかもしれません。 

3:体位を変えてみる

人間の身体つきには個人差があります。エッチの際に彼のアソコが”入らない”のであれば、体位を少し変えてみるとよいかもしれません。

後ろから入れてもらうと入るかも

女性の身体は個人差があり、挿入しやすい体位とそうでない体位があります。普段は正常位で前から彼を受け入れているという人は、姿勢を変えて、後ろから彼に来てもらうというのはどうでしょう?

「後ろから」と言うと、ちょっと恥ずかしいですが、そっちのほうが男性を受け入れやすく、痛みを伴わずに挿入が可能になることもあるんです。 

4:一旦無理はしない

彼と初めてのエッチ、「失敗したくない」と思う気持ちは理解できます。しかし、彼のアソコが大きすぎるのに、無理に挿入を試みてしまうと、あなたは本当に痛い思いをしてしまいます。

彼に理解を求めて、長い目で彼のアソコと向き合っていくのも一つの手です。

無理矢理エッチしてもトラウマになるだけ

無理矢理、彼とエッチしようとして痛い思いをしてしまうと、無意識のうちに“彼とのエッチ=痛い”という構図が出来上がってしまいます。その後、彼とのエッチを楽しめなくなったり、エッチを避けるようになってしまうかもしれません。

それって悲しいことですよね。

女性の性器には順応性がありますから、最初は無理でも、何度か試していくうちに、ちゃんとエッチできるようになることは少なくありません。

無理矢理エッチを試みて、トラウマを抱えるようなことだけは避けましょう。 

いかがでしたか?

大きすぎるアソコを持つ男性とのエッチは意外と大変です。しかし、“入らない”という問題は、工夫次第で解決できる問題です。初エッチで彼のアソコが入らないからといって、深刻に思い悩む必要はありませんよ。

  

【参考】

えっ…大きいのもダメ?実は知っておくべき「男が悩む下半身事情」 – Menjoy!