未婚カップルは興味津々「夫婦の会話の中身」3位近所の出来事…1位は?

どんなカップルも結婚すると、彼との関係性にも変化が出てきます。「子育て世帯における家族のコミュニケーション」に関する調査によると、1日30分以上家族で会話するという夫婦は63.8%だそうです(日本エンパワーメントコンソーシアムが実施)。では、世の中の子育て夫婦は、一体どんな会話を普段から楽しんでいるのでしょうか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3位:その日の近所の出来事について

子育てママ853名を対象にした同調査で、“家族全員が集まっている時の会話の内容”を調査してみると「よく話す」が3番目に多かったトピックは「その日の近所の出来事について」で27.1%が選択していました。

恋人時代には、互いの仕事や趣味の話題をしていた男女でも、結婚して家族になると、その日のご近所ネタを語り合うようになるのでしょう。

「今日、お隣の○○さんがスッピンで歩いてた」「自治会の××さんが子どもをあやしててイクメンぽかった」などと、ご近所の他愛もない出来事を伝える妻も少なくなさそうです。 

2位:子どもの体調や健康状況について

続いて、2番目に「よく話す」という夫婦が多かったトピックが「子どもの体調や健康状況について」で46.9%が選んだ結果に。

風邪のひき始め、ちょっと発熱しているような状況だと夫婦で共有しておく必要がありますものね。

恋人時代には「風邪ひいちゃった~」なんて自分の体調を伝えていた女性も、母親になれば自分のことより子どものことが気になるもの。

「今日は鼻水が出ているから、暖かくしてあげて~」なんて注意事項も絡めつつ、夫に説明する妻も少なくないのかも。 

1位:子どもの保育園・幼稚園や学校のこと

そして、「よく話す」という夫婦がもっとも多かったトピックは「子どもの保育園・幼稚園や学校のこと」で59.3%が選択する結果となっていました。

恋人時代には自分の会社ネタを披露しあっていた男女も、家庭をもつと子どもを通わせている先の話題が増えそうですよね。

保育園や幼稚園での子どもの様子やイベント情報、学校の保護者が参加すべきイベントのほか、「園の子どものしつけ方法が疑問」「授業の進め方が不満」など教育方針について語り合う夫婦もいるかもしれません。 

いかがでしょうか?

恋人時代には自分たちのトピックで盛り上がっていた夫婦も、子どもが生まれれば我が子を中心とした話題にシフトしていくのが自然ですよね。

あなたも、彼との結婚後にはこんな話題で盛り上がるのかもしれません! 慰安から想像できますか?

  

【参考】

子育て世帯における家族のコミュニケーションに関する調査 – コミュニケーション日本プロジェクト事務局