ゲゲッ…じつは高年収なの!? 「ケチケチ男子」の恐ろしい実態

ケチな男子とのデートは、幻滅ポイントも多くなりがちですよね。では、ケチと年収って、やっぱり比例すると思いますか? ネットエイジアの「ビジネスウーマンのポイント活用に関する調査2017」も参考にしつつ、デートで好感度ダウン必至な“ケチケチ男子”の実態を見ていきましょう。ケチな男子に、あなたはどんな感想を抱きますか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

ケチケチ男子はポイントを大活用!?

「デート相手のポイント活用の仕方で好感度がダウンすることがある」という女性1,487名にその内容を尋ねると、驚きの実態が明らかに。

同質問に寄せられたNGすぎる活用術ワースト3は、以下のとおりでした。

ワースト3位:「財布が厚くなるくらい沢山のポイントカードを所持・使い分け」・・・36.7%
ワースト2位:「ポイントカードを忘れたので、そのお店で買うのをやめる」・・・45.7%
ワースト1位:「ワリカンして自分の分はポイントで支払い」・・・52.0%

どこのお店に入っても「あっ。ポイント貯めていい?」なんて言いつつカードを出しまくっている男子や、「じゃ、一人3,000円ね」なんてワリカンを指示したくせに「俺はポイントで払う」と自分の分だけポイント払いをされれば、確かに引きます。

 

年収とケチ具合は比例するのか!?

上記のようなケチケチ男子とのデートは、いかにも節約臭が強すぎてドン引きな女子も少なくないはず。

では、年収とケチ度はどのくらい関係があるのでしょうか。

筆者の知る20代会社員男子は、飲み会でもポイントをフル活用するタイプ。いつぞやの飲み会では、自分だけ“幹事無料”というキャンペーンを使って割り勘を徴収していました。

本人が自ら申告していたのでカワイくも思え、筆者と友人女子の間では「若いから仕方ないよね」という結論に至りましたが、「でも、ああいう男とは付き合いたくない」で満場一致に。

ちなみにその男子が自己申告していた年収は約400万円。一方、筆者周囲の1,000万円超の高収入男子たちが飲み会やデートでこの手の節約をしているのは見たことがないので、やはり年収とケチっぷりにはある程度の相関性があるのかもしれません。

高年収男子のケチとは一味違う!?

とはいえ、高年収でも“お金目当て”な女子を排除すべくケチを演技する男子もいます。が、その場合でも“ポイント活用”“幹事無料”などを駆使する方法とは、少々違い、デートのお店の格を下げたり何台も所有する車のうち最も大衆車でデートしたりなど。

こういったポイントから、低年収でケチなのか、高年収でケチなのか見抜けるかもしれませんね。

 

ケチケチ男子との結婚は幸せになれる?

ケチは、裏を返せば倹約家でもあります。結婚相手には堅実な相手を求めたい女子にとっては、ケチケチ男子は頼もしい存在にもなりえますよね。

「スマホと快適な環境さえあれば幸せ」「生活は極力シンプルにして貯金をすべき」と思う女子にとっては、デートでポイントをフル活用してくれる男子は堅実に見えるかもしれません。

一方、「やっぱりデートには雰囲気が大事!」と思う女子にとっては、ケチケチ男子にはいちいち恋愛意欲を削がれるものです。

「自分が理想とする男子の姿はどちらなのか」を明確にしておくと、ポイントをフル活用する男子に対しての印象も変わります。

あるいは、もしかするとポイントを使う姿を見て初めて、「私はムードを大事にしないケチ男はムリだわ……」と、理想の男子像が明確になる気づきがあるかもしれません。

 

 

【参考】

ビジネスウーマンのポイント活用に関する調査2017 – ネットエイジア