突然の元カレの電話に困惑…「女と全く違う」男の心理&脳の仕組み

男女では脳の仕組みが異なるため、女性の感覚で男性と接したら失敗を招くことが多いといいます。今回は、海外情報サイト『all women stalk』に掲載された記事を参照に、男という未知の生き物を理解するためにも、筆者が経験上感じた“女が知っておくべき男の心理&脳の仕組み”を紹介することにします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

1:マルチタスクNG、脳のスイッチの切り替えが必要

女性は、一度にいくつものことをこなすマルチタスキングが得意ですが、男はこれが苦手です。

男の脳は、一度に一つのことにしか集中できない仕組みになっていて、何か一つ大きな事を済ませたら、次の事に移るために脳を空っぽにする必要があるのです。

筆者は、アメリカ在住時代に同棲していた彼氏がいたのですが、「仕事から帰って来たら、しばらく話かけずに一人にしてほしい」と言われたことがありました。

なんでも、仕事からプライベートにスイッチを切り替えるために、脳を空っぽにしたいと言うのです。

元カレは、仕事から帰るとパソコンに電源を入れてニュースをチェックしたり、30分程テレビを見たりしていました。

そして、しばらくすると筆者の一日がどうだったから尋ね、会話を始める……という流れでした。

スイッチは人それぞれだが

ちょっとの間一人にしてあげると、驚くほど男はお喋りになったり、優しさや愛情を示したりするようになります。

男が、脳のスイッチをオン&オフするタイミングを見極められたら、

・相手が話したくない時に会話を始めて話が盛り上がらない

・せっかく伝えたことが右の耳から左の耳へ抜けていく

などの心配がなくなるのではないでしょうか。

 

2:感情のタイムフレームが長い

女性は、その時の感情を口にして、“その瞬間”を生きているところがあります。

ところが男性は、感情を長いタイムフレームでとらえるので、交際している女性のことが好きでも、なかなか愛の言葉を発しない傾向があります。

感情のタイムフレームの違いは、

「女の恋は上書き保存で、男の恋愛はフォルダ保存」

だと言われる所以にもなっています。

女は、新しい恋が始まると昔の男を忘れてしまいますが、男は、今まで付き合った女性を簡単には忘れません。

とっくに女が次の恋に進んでいるというのに、別れてから半年後や1年後に、いきなり元カレが連絡してくることがあるのは、感情のタイムフレームの違いのせいです。

気持ちが冷めた元カレからの連絡あるある

かくいう筆者も、前出の元カレが、別れてから何年も経ってから連絡してきました。

今から1年半ほど前に、筆者の母が亡くなった2日後というタイミングで元カレが連絡してきたこともあり、気落ちしていた筆者は、仕事で日本に来ていた彼と久しぶりに再会しました。

かといって、彼への気持ちが復活することはありませんでしたが、元カレは別れたことをずっと後悔していたそうで、久々に筆者と会ったことで気持ちが再燃した様子でした。

その後メールが何通も来て、その再開から半年後に再び彼が日本に来て、日本に語学留学したいとまで言い出す始末……。

ですが、筆者にしたら「何を今さら!」といった気持ちにしかならず、「自分の人生に彼が必要か?」と自問自答した時に答えが“NO”だったので、彼のメールに返信するのをやめてしまいました。

この他にも筆者の周りで、とうの昔に元カレへの気持ちなんて冷めてしまっているのに、元カレが追いかけて来た……というパターンをよく耳にします。

フラれた場合の対処法

これを踏まえると、もし彼氏にフラれても、男女の感情のタイムフレームの違いを計算に入れて、彼にすがりついたりせずに、しばらく時間を置いてみましょう。

そうすれば、後悔した元カレが追いかけてきたり、連絡をくれたりする可能性は低くありません。

 

「男は火星人で女は金星人」だなんて言われるぐらい、男と女って違うんですよね。

そんな男女が上手くやっていくには、お互いの違いを理解して、上手に対応していくことが欠かせません。ぜひ、参考にしてみてくださいね!

 

 

【参考】

9 Secrets about the Way Your Man’s Mind Works ‐ all women stalk