彼氏の「聞いてない!」にウンザリ?誤解を生まない2つの会話テク

女は“感情を伝える能力”に長けているので、「女同士の方が意思の疎通が楽だ」と言う人が多いようです。対する男は、あまりコミュニケーションが得意だとは言えないので、男女間で誤解が生じることって本当に多いです。そこで、『all women stalk』の記事を参考に、“彼氏との間に誤解を生まないコミュニケーションの方法”を3つ紹介します!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

1:憶測はやめる

時に言葉が誤解を生むことがありますが、言葉でコミュケーションを取らないと、さらにややこしいことになってしまいます。

女性は“聞きにくい質問”に関して、つい物事をハッキリさせずに憶測で理解してしまいがち。

自分の中で「多分こうだろう……」と決めたら、当たっているかどうかも分からないその憶測を信じ込んでしまうのです。

憶測を信じることは自己暗示に近い

そんな、自己暗示にかかったような状態では、先が見えない霧の中を歩いているようなものです。

何か聞きたいことがあるのなら、憶測で済ませるのをやめてズバリ聞くことが一番です。

しかし、相手がウソをつく可能性もあるので、「正直に答えそうにないな」と思ったら、しばらく質問は保留にして彼の言動を観察して様子をみましょう。

そうするうちに、知りたかった答えが、思わぬところから明らかになることもあります。

 

2:誤解を招きやすい情報は正確に伝える

例えば、久しぶりに男友達と遊ぶことになって、彼氏に「友達と出かける」と伝えたとします。この場合、もしかしたら彼氏は勝手に“女友達”だと思って安心してしまうこともあります。

そして、何もやましいことは起きていないのに、後で彼氏に“男友達”だったとバレたら。「隠したいことがあるから正直に言わなかったのか!?」なんて勘ぐられても仕方がありません。

相手が嫌がりそうなことも事前に伝えておく

男友達と会うことに対して、彼がいい気がしないことは分かっていても、きちんと最初に説明して理解してもらっておけば、彼だってあなたを信用してくれるはず。

特に、彼が嫉妬したり束縛したりするタイプだったら、つい肝心な情報を抜かしたくなってしまいますが、それは逆効果にしかなりません。

一度生まれた誤解を解くのは大変なので、それならば、最初から生まないよう上手に立ち回るべきでしょう。

 

3:自分の間違いはすぐに認める

もし、自分が悪いのなら変に意地を張らずに、すぐに間違いを認めて謝りましょう。

時間が経てば経つほど言い出しにくくなってしまうし、それだけ誤解が深まってしまいます。

すぐに謝られたら彼だって許す気になりやすいし、謝罪が遅れれば、その分わだかまりが出来てしまい、決して二人の関係にプラスにはならないでしょう。

その際には変な言い訳もやめて、素直に謝罪の言葉を述べれば誤解を避けられるし、スムーズにコミュニケーションが取れるはずです。

 

いかがでしたか!? 男女が上手くやっていくには、上手なコミュニケーションが欠かせません。

そのポイントを押さえていれば、二人の間で誤解も生まれにくいし、誤解から発生するケンカや仲たがいも避けられるのではないでしょうか。

ぜひ、参考にしてみてくださいね!

 

 

【参考】

8 Ways to Resolve a Misunderstanding – all women stalk