「私のことスキ?」はNG…彼が萎えない天使の言い換えフレーズ2つ

彼の言動に不安を感じると、「ねぇねぇ、私のことスキ?」と質問しちゃう女子もいますよね。しかし、このフレーズは直球すぎて、萎える男子も多い“悪魔なフレーズ”。とはいえ「愛は言葉で確認しないと気が済まないっ!」というのも、女ゴコロですよね。「私のことスキ?」と同じ意図でも、彼が萎えない天使のフレーズを2つご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

天使のフレーズ1:「旅行に行かない?」

旅行は、二人きりで過ごす時間が長いので、「好きな子となら行きたいけど、冷めてる女とは行きたくない」という男子も少なくありません。

そこで、「旅行に行かない?」というフレーズを使ってみると、彼の真意を図るチェックにも使えます。

ノリノリで「いいね! どこに行こうか!」と応じてくれるならば「一緒に旅をしたい!」という愛が感じられますよね。

こんな返事は危険信号……

一方、「うーん。仕事忙しいからなぁ」「いいけど、どこに行くの? 俺、金ないよ」なんてネガティブな返事が返ってくるなら、「今、君とは旅行に行きたくない」というホンネが隠されていることが!

仮に、仕事が多忙だったりお金がなかったりしても、「行きたい」という意思があれば“つっけんどん”な返しにはならないはずなのです。

 

天使のフレーズ2:「アレが食べてみたい!」

好きな彼女の願いは、できるだけ叶えてあげたいと思うのも男ゴコロ。

なので、何かの拍子に彼女が発した「アレ食べて見たいな~」という発言を、キチンとケアしようとするなら愛の証にもなります。

「はい! コレ。この前、君が食べたいって言ってたヤツ」とプレゼントしてくれたり、「お前が食いたいって言ってた餃子屋、行ってみようぜ!」なんて叶えてくれたりするなら、愛のサインと受け取って良いのでは。

後日なにげない会話を拾ってくれる行動には、「愛する女を喜ばせたい」という意気込みすら感じますよね?

こんな返事が危険信号!

この時にもし、「ふ~ん」などと“どうでもよさそうな返し”や、「友達と食ってくれば?」なんて“自分は行かない”という意味のフレーズが返ってくるなら、残念ながら彼女を喜ばせることに興味が湧いていないのかも。

彼のココロには「うるせぇなぁ」「この会話、めんどくせーな」なんて本心が隠されているかもしれません。

 

「私のことスキ?」がイケてない理由

ストレートに「私のこと、スキ?」と聞いてしまうと、答えは“スキorキライ”の二択になりがち。

さらに、付き合っている相手に「キライ」とは言えないので、仮に気持ちが冷めていても「スキだよ」と返ってくるパターンが多く、せっかくの質問に意味がないことも……。

ならば、深い意味のなさそうな会話を装って、こっそり真意を図ったほうが、場の空気も壊れず得策。

場面に応じて「スキ?」って聞きたい気持ちをグッと抑えるのも、賢い女子のモテテクのひとつです。

 

彼の言動に不安を抱いたならば、天使のフレーズでさりげなくチェックしちゃいましょう。良い反応が返ってくれば、安心感が増しますよね!