それでも私は行く!「不人気スポット」で胸キュンの必勝デートプラン

初デートは、関係が進展するかを握る大事な場面。なので、定番デートコースで無難に楽しむカップルも多いですよね。しかし、あえて不人気なスポットを選ぶと、かえって印象的なデートが実現します。パートナーエージェントの「デート事情に関するアンケート調査」から、不人気デートスポットで胸キュン必至な必勝デートコースをご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

男子が初デートで「行きたくない場所」は?

20~49歳の独身男女2,200人に実施した同調査では、「初デートで行きたくないところ/誘ってほしくないところはどんな場所ですか」と質問。

すると、男子の回答でトップ3になっているのは、以下のデートスポットでした。

男子に不人気のデートスポット

3位:ボーリング・ビリヤード・ダーツ・・・16.1%

2位:自分、または相手の自宅・・・20.0%

1位:カラオケ・・・29.3%

ボーリングやビリヤード、ダーツはカラダを動かす健康的なデートであるものの、男子的にはあまり嬉しくない人も少なくない模様。

そして、自宅やカラオケは定番デートスポットながらも、「初デートではイヤだな」なんて思っちゃう男子も少なくなかったんです。

では、女子に不人気の初デートスポットは……?

 

女子が初デートで行きたくない場所は?

「初デートでは行きたくないところ/誘ってほしくないところ」、女子のトップ3を見てみると、以下のようなスポットが並びました。

女子に不人気のデートスポット

3位:ボーリング・ビリヤード・ダーツ・・・28.9%

2位:カラオケ・・・46.7%

1位:自分、または相手の自宅・・・49.8%

順位こそ違いますが、「初デートでは避けたい」と思う場所は男女ともに同じスポットがトップ3に並びました……。

しかし、不人気スポットこそ大チャンス!?

「私、カラオケ大好きなのに〜!」という女子もいるでしょう。それでもやはり、不人気スポットは避けたほうがいいのでしょうか? そんなことはありません!

これらの不人気スポットを組み合わせて「初デートでこんな場所はイヤだったけど、コイツと一緒ならこんなに楽しいなんて!」とキュンキュンさせるテクに応用しちゃいましょう。

 

不人気スポットでキュンキュンさせる!

どんなに不人気な場所でも、楽しい時間が過ごせればそのデートは大成功。そこで、初デートに最適なデートプランは以下の流れで組んでいきましょう。

必勝デートコースはコレだッ

11:30・待ち合わせ場所はボーリング場。

デートの待ち合わせをするカップルが少ない場所だけに、相手が見つからない事態を防ぎやすいメリットが。迷わないために、わかりやすく正面玄関での待ち合わせがベター。

12:00・1ゲームプレイ後にランチしてから、もう1〜2ゲーム

正午まで軽く1ゲームを楽しみ、お昼になったらランチを。ボーリング場の軽食をとって、さらに1ゲーム楽しみます。

初デートのランチタイムは話題探しに困る男女もいる中、ランチ前のゲームについて「●●くんの投げかた、男らしくてかっこいいね〜」などとプレイ姿を褒めれば、胸キュンポイントに!

13:30・どちらかの自宅で“宅飲み”しつつ小休止

ボーリングでカラダを動かした後は、どちらかの自宅でカラダを休めつつ“宅飲み”しましょう。

ほろ酔いレベルの“宅飲み”で、初デートの緊張感を和らげて会話の距離を縮めます。お酒のチカラを借りつつノリのいい会話が飛び交うと、「俺、この子と相性良さそうだな」と胸キュンしてもらえるメリットが見込めます!

16:00・変なことにならないうちにノリでカラオケへ
あまり自宅に長居してしまうと、雰囲気に流されて変な展開にもなりやすいため、夕方には「カラオケ行かない?」と誘い、自宅を後にしましょう。
「とりあえず、1時間歌おう!」と時間を短めにして、お互いに“十八番”を披露しあって。
「ワァッ! ●●くんって歌上手〜。すごいね〜」と褒めれば、彼の気分もよくなるはず。
18:00・変なことにならないうちにダーツバーへ移動!

ふたりきりで長時間カラオケルームにいれば、歌にも飽きてきて変な展開を誘いがち。

サッと歌ったあとには、ダーツバーに行ってディナーを楽しみつつダーツでデートを締めましょう。

ダーツバーの多くはディナーメニューも豊富ですから、腹ごしらえをしつつダーツを楽しみます。

ここでも、「うわ〜、●●くんってボーリングも上手だけど、ダーツしてる姿も素敵!」などと一日を振り返りつつおだててあげると、彼のテンションがグーっと上がりますよ。これぞ胸キュンデートの締めにふさわしいですよね。

 

初デートの感想は、その後の展開をも左右してしまいます。

男子が「なんでソコに行くんだよー」なんて思ってしまうスポットをあえて指定して、「コイツとなら、どこにいても楽しい!」と感じさせれば、かえってモテデートが実現しちゃうのではないでしょうか。

 

 

【参考】

「デート事情」に関するアンケート調査 – パートナーエージェント