バレンタイン当日に開催された「TENGAコン」…イッてきたー!

2月14日、バレンタイン当日に都内で行われたアダルトグッツ『TENGA』主催の合コン、『TENGAコン』について。Menjoy!を代表して筆者であるこの私が実際に参加してきました! バレンタイン当日に参加するのはどんなひと? いったいどんなことをするの? 『TENGAコン』の一部をご紹介!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TENGAコンとは……?

『EGG LOVERS CHOCOLAT DESIGN(エッグラバーズ ショコラデザイン)』の発売を記念して、一般応募で選ばれた男女30名によるTENGA主催の合コン。その名も『TENGAコン』。TENGAをこよなく愛す男女が繰り広げるバレンタインデイのスペシャルナイトの一部を筆者が飛び入り参加し内容の一部をご紹介します! もちろん筆者も真剣に恋活!

 

 ドッキドキの開場!

2月14日、都内某会場に集められた参加者たち。取材で今回の合コンに参加させてもらうも、本気で恋人を探しにも来ている筆者の心臓はバックバク。

会場には入場時間前にもかかわらず早めにきた参加者たちが列を成していた。「あー、これが今回の参加者か」と思いながらチラチラと参加者の確認をしつつ最後尾へ。

バレンタイン当日、チョコを渡す相手、もらう相手のいない男女たちがTENGAコンにきたらどうなるのか!

さぁ、TENGAコンの幕開けです!

 

 自己紹介です。

この合コンの進行役はTENGA広報宣伝部取締役の松浦隆さん。入場と同時に参加者は壁にある巨大なボードにひとりひとり自己紹介を記入。その後すぐに男女別に1から順に並び、一人30秒の自己紹介!

まずは男性から。「1番、GO(ゴー)です!」元気のよい自己紹介がスタートしたと思いきや会場のBGMが急に大きくなりゴーさんの自己紹介はかき消されてしまいました……。

「みなさんちゃんと聞こえてましたかね?」と確認をとるも30秒が過ぎてマイクは次のひとへ。ゴーさん、可哀想にまったく聞こえてませんでしたよ。

心臓バクバクです……。

その後はなにも問題が起こることなく男性陣の自己紹介は終了。お次は女子、筆者は11番目。こういう合コンって第一印象が大事なんですよね。近づいてくる順番を前に心臓をバクバクさせながら自己紹介の中身を考える筆者。

いよいよ私の順番に。「あー、えっとライターをやっております桃倉といいます。大学生です。春からもめでたく5年生します。」とめちゃくちゃ考えたわりにはあまり話せず。やたら大学生を全面的に押し出しただけの自己紹介となりました。

参加者の年齢層などはバラバラ、男女共に筆者と同じく大学生のひともいればバツのついているひとも。中には野球選手も!

 

 おしゃべりタイム!

自己紹介が無事に終わると男女をテーブルごとに3組に分けておしゃべりタイム。なんとこのおしゃべりタイムは1テーブルたったの15分。

最初のおしゃべりタイムがスタートするもみんなまだ緊張しているようでどのテーブルも会話が少なめ。筆者のテーブルはとりあえず乾杯するも会話はポツリポツリ。

1組目なんて、男:「出身はどちらですか?」筆者:「兵庫で~す」で会話終了!タイムアップ。なんせ時間がない!

2組目。男:「僕はアニメとビジュアル系が好きです!みなさんは普段どのような音楽を聞きますか?」筆者:「超特急が好きです!」というと、その男性は最後まで『超特急』を『超新星』と勘違いしてタイムアップ!

はい3組目。男:「どうも~、マーボーです!」というような感じで、この会場で一番コミュ力の高そうな男性が登場。彼が今回私のターゲット! 今回一番惹かれたお相手です。

今回の私のターゲット。マーボーさん。

マーボーさんは積極的にテーブルの会話を進行。会話を終わらせることなく時間いっぱいその場を盛り上げてくれました。

まだまだ緊張感が残る会場。このあと参加者たちはどうなるのか!?

そして筆者の恋の行方は……。

 

TENGAゲーム!

次はTENGAゲーム。テーブルごとにチームを組んで男女の距離がより一層縮まるゲーム。「TENGAゲームとはなんや!?」とみなさんハレンチなゲームを想像したかと思いますが変なゲームではございませんよ。

気になる内容は、テーブルごとに男女ペアーを組み1組目はスプーンを口に咥えてTENGA EGGを運ぶゲーム。

 

見つめる筆者。
がんばるマーボーさん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2組目はTENGA EGGをお互いにお尻で運ぶ、3組めも同じで4組めはなんとLOVE SHOTをみんなの目の前で披露するというなんともセクシーなゲーム。

最後5組目はTENGA EGGを男性の服に女性が忍ばせて片方の袖からもう片方の腕へ忍ばせたTENGA EGGを取り出すというもの。

ドキドキLOVE SHOTゲーム!

見どころは4組目のLOVE SHOT。やはりその場は大盛り上がり、出会って数分もしない男女がいきなりLOVE SHOTなんてさすがTENGAさんの企画ですよね。

 

 フリータイム!

ゲームが終わりフリータイムの時間。気になる異性とどんどん話しちゃおうというもの!

「えっ……。」フリータイムというのに筆者に話しかけてくれる男性はまったくおらず……。数分会場をブラブラするも筆者は独り。

寂しすぎてたまたま一人でいた女性に声をかける……。まさかの女性をナンパ。

女性をナンパする筆者。

するとそこへ先ほどのマーボーさん登場。

「どうですか~?」なんて、女子どうしでいた筆者たちに気を使ってくれたのでしょうか。まさか私に気があるのか。でも話しかけてくれてとてもうれしかったです。

やっとトークができるくらいになったところでタイムアップ。なんせ時間がない。その時私はもっとマーボーさんと話したいと思いました。

 

 告白タイム!

最後はまさかの告白タイム! 女性から男性にTENGA EGGと共に愛の告白をするというもの。

私はもちろんマーボー指名。というより、まともに話せた、話しかけてくれたのが彼だけだったというのもありますが……。

次々に男性陣の名前が呼ばれ女性が告白、無事にカップルが成立していく中。最後に残された女性4名。

まさかと思いきや、みな指名かぶり。なんと大人気のマーボーさん。

私は彼に「私を北海道(彼の出身地)に連れてってください」と告白。その際会場が「かわいい~」と若干盛り上がったので、正直決まった!と思いました。

「私を北海道に連れてってください」……正直決まった!

しかし敵はすぐそこにいました。私の次の女性が「マーボーさんにとってこのEGG以上の存在になりたいです」と告白。会場はさっき以上に大盛り上がり。

強敵あらわる……。

「これは負けた……。」と思いましたが私には武器がある。JDという武器がある。彼女より若いんだと訳の分からない自信を固めて男性のお返事タイム。

現役JD(5年生)の筆者。

マーボーさんはずいぶん返信に迷った様子……。

「お願いしますッ!」私のTENGA EGGを手に…..
取るかと思いきや隣の女子のTENGA EGGを!?
現役JD敗北。

マーボーさんは私と違う女性とカップル成立。悲しかったですよ、マーボーさん。私はアナタノコトガスキナノニー。

はい。これにて終了。カップル成立した人たちは先に会場を後に。成立しなかった人はその後を記念品と共に退場。

その記念品というのが『iroha stick』。おひとり様用セルフプレジャー。

おうちに帰って一人エッチでもということでしょうか。


 
こんな感じで『TENGAコン』は無事に終了。

バレンタイン当日にチョコをあげる相手を見つけた人もいれば、バレンタイン当日、チョコをあげる、もらう相手がいないうえに傷口をえぐられた筆者のような参加者もいたとういう素敵なバレンタインナイトでした!

 
※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がMenjoy!に還元されることがあります。

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!