強気な女もこじらせてる…!?「恋愛依存ガール」特徴3つと処方箋2つ

「男に依存するとか、ありえない」「恋愛に依存するような女にはなりたくない」……と思って相手にハマりすぎないように恋愛をしている女性、けっこういますよね。でも自分の依存度合いには、割とみんな無自覚なもの。だからこそ今回は、“恋愛依存ガールの特徴と処方箋”をご紹介しますので、チェックしてバッチリ対策しておきましょう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

“恋愛依存ガール”その特徴は?

恋愛依存というと、あからさまに気弱な女性ばかりがなっているように感じます。しかし、実はハッキリ恋愛のビジョンを持っているような強気な女性でもこじらせる可能性が大なので、けっして「自分が当てはまるわけない」なんて思わないようにチェックしてください。

特徴1:恋愛に飢えている

「恋愛したーい、彼氏ほしーい」「誰かと一緒にいないと寂しい」「トキメキを感じたい」といった感情、もしくは口癖を繰り返しているようなら要注意。

恋愛に飢えている人は、飢えた分だけ“目的のもの=恋愛”を手に入れた瞬間にどっぷりとハマりやすい傾向にあります。

また、“一人でいること=寂しい”という感覚がある人も、パートナーに依存しやすいタイプです。

特徴2:彼の意見を最優先

「彼に嫌われたくないから……」「好きな人のことは最優先するのがあたりまえ!」という感覚が普通になっていたなら要注意。

彼からの連絡やスケジュールを最優先にしているようなら、それはもう立派な“恋愛依存ガール”です。

また、ここぞという判断を彼に任せたり、彼の意見で変えたりするのも依存しやすいタイプです。

特徴3:恋愛に求めるものが強い

「彼とはこういう関係でありたい」「●●な恋愛こそ私が求めるもの!」といった感じに、恋愛に対するビジョンが強すぎる女性も要注意。

恋愛に求めるものが強いということは、それだけ恋愛至上主義になっているということであり、恋愛にあれやこれやと尽くそうとするため、最終的に依存へと繋がってしまうわけです。

 

20170215ikuho799

“恋愛依存ガール”への処方箋

もしも“恋愛依存ガール”に当てはまっていたとしても、取り乱す必要はありません。

これから出す2つの処方箋をしっかり読んで実行すれば、あなたも“恋愛依存ガール”から脱却することができますよ!

処方箋1:自分から連絡するのをやめる

“恋愛依存ガール”は自分から彼に連絡しまくる傾向にあります。末期症状だと、「自分から彼に連絡しないといけない」という強迫観念に襲われている場合もあるぐらいです。

でも、そんなことはありません。あなたが連絡するから彼から連絡が来ないだけで、あなたが連絡をやめれば彼から連絡が来るものです。

なので一旦、あなたから彼に連絡するのをやめてください。最初は苦しいかもしれないですが、ここは我慢です。

そうして彼から「連絡来ないから不安になったけど、何かあった?」と連絡が来たら、「いつも私から連絡ばっかしちゃって悪いかと思って……」としおらしく返してあげましょう。

あなたは“恋愛依存ガール”から脱却できますし、彼はあなたからの連絡のありがたみに気付けますよ。

処方箋2:デートは多くても週2を目安に

彼が「会おうよ」「今夜、ヒマ?」なんて言ってきたら、すぐに飛びつく癖がついていませんか?

それでは“恋愛依存ガール”まっしぐらですし、次第に彼も、自分の言いなりすぎるあなたに冷めてしまう可能性大です。

なのでデートは“多くても週2回”を目安に、彼から「会える?」なんて言われてもハッキリ断れる余裕を持つようにしてください。

“恋愛依存ガール”は尽くしただけ彼に愛されると思っていますが、尽くせば尽くすほど彼の中であなたの評価が「都合のいい女」になるだけだということをお忘れなく。

 

依存というのは得てして強迫観念が大きく影響しているもの。

「彼に尽くさないと愛してもらえない」「●●な恋愛をしないと幸せになれない」という脅迫観念が、“恋愛依存ガール”生み出してしまうわけです。

でもそんな恋愛の仕方こそ幸せにはほど遠いので、ぜひこの機会に“恋愛依存ガール”から脱却してくださいね!

 

 

【参考】

あなたの人生を破滅に追い込む「恋愛依存症」の兆候4つ – Menjoy!

簡単すぎる?恋愛依存症から脱却するための3つの秘訣 – Menjoy!