男子に聞いた!女が使う「返事を促すLINEテク」への本音3つ

現代における恋愛の必須ツールともいえるLINE。男性と気軽にメッセージのやり取りができる反面、いつまでも返事がないと不安になってしまう……という側面もあります。世の中には“彼のLINE返信スピードを上げるテク”というものが紹介されていますが、はたして本当に効果はあるのでしょうか? 20代男性の本音をお聞きください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:選択肢を狭めてLINEする

人間は、具体的に二つの選択肢を用意され、「どっちがいい?」と聞かれると、無意識にそのどちらかを選んでしまう傾向があるのだといいます。

男性にLINEを送る際、「今週末と来週なら、どっちが暇?」と具体的な選択肢を出し、その中から答えを選ばせるようなLINEを送れば、男性はすぐに返事をくれるのだと言います。

はたして効果のほどは……どうなのでしょうか?

【効果アリ】そのほうが返事しやすい

「いくつか選択肢があったほうが返事はしやすいですね。YESでも、NOでも、具体的なLINEのほうが返事のスピードが速くなるかも」(27歳/会社員)

多くの男性はだらだらとLINEのやり取りを続けるのが得意ではありません。「じゃぁ、いつ飲もうか~」などと呑気にLINEをしていては、途中で返事が来なくなってしまいます。

あらかじめ選択肢が用意されていて、サクサクっと返事できるLINEのほうが、男性は返事をする気になるそうなので、このテクは【効果アリ】だと言えるでしょう。 

2:仕事終わりの時間帯を狙う

彼の仕事が忙しい時間にLINEをしても、既読が付くだけで返信見込めない。だから彼が仕事から解放されたであろう夜の時間帯に、LINEを送るのがベスト……。

男性の仕事終わりを狙ってLINEを送るというテクニック。このテクニックには効果があるのでしょうか?

【効果アリ】帰りの電車で返事できる

「帰りの電車の中でスマホ弄っているので、そのタイミングでLINEが来ると、開いて返事しますね。むしろ帰宅中が一番返事しますね。家に帰ったら、スマホ置きっぱなしにしちゃうので」(27歳/会社員)

このテクニックもどうやら効果が見込めるようです。

電車で仕事に行っている男性は、帰りの列車内でスマホを触っていることが多く、そのタイミングでメッセージを送ることができれば、彼からの返事は早く来ることが予想されます。

彼が家についた後では遅いので、「そろそろ彼は仕事終りかな~」というタイミングでLINEを送りましょう。彼が電車に乗る前にメッセージを送っておけば、帰りの電車の中から返事をくれる可能性が高いということです。 

3:短めのメッセージを送る

シンプルな短めのメッセージを送れば、彼も気軽に応じてくれる。だから返事をくれるスピードも速くなる。

短めのメッセージを送ったほうが男性からの返信が早くなる……というテクニックですが、はたしてこれは効果あるのでしょうか?

【効果ややアリ】内容による

「まぁ、長いメッセージだと読む気が失せるので、短いほうがいいですけど、短すぎて何が言いたいのかわからないLINEだと困りますね。わかんなかったら、スルーします」(27歳/SE)

文章はシンプルで読みやすいほうが、相手に意味が伝わりやすいものです。しかし、シンプルさを追求し過ぎて、文意が損なわれるようなメッセージになってしまうと話は別ですよね。

短くて読みやすいメッセージであれば、男性は気軽に返事ができます。ですが、あなたが何を男性に伝えたいのか、文章にしっかりと書かれていないと、逆に男性からの返事は来なくなってしまいます。

“シンプルな短めのメッセージを送れば、彼も気軽に応じてくれる”というテクの効果は【効果ややアリ】で、送るLINEの内容にもよるのでしょう。 

4:「返事はゆっくりでいいよ」と送る

返事を急かすようなことは言わず、むしろ「返事はいつでもいいからね」と、彼の行動を縛らないことで、彼からの返信率をアップさせる……。

このテクニックは効果あるのでしょうか?

【効果ナシ】「重いなぁ……」と思われる

「“返事はいつでもいいからね”なんて、LINEに書いてあったら怖いですよ。この女、重いなぁとしか思いません」(27歳/会社員)

確かに男性は自分の行動を縛られたくないと思う人が多く、「早く返事して!」と言われると、億劫に感じることが少なくありません。

だからといって「返事は時間があるときでいいよ」と言われれも、“返事の催促”をしていることに変わりはありませんから、「この女、重いなぁ」と感じてしまいます。「ゆっくりでいいよ」というニュアンスが、むしろ怖さを引き立てているのです。

「だったら、“いつまでに返事してね”のほうがマシです。期限があると、早めに返事しなきゃと思います」(27歳/会社員)

男性は“重い女”を嫌います。「ゆっくりでいいよ」と告げるくらいならば、返信期限を伝えたほうが、男性は「返事しなゃ」と思ってくれるようでした。 

いかがでしたか?

“男性のLINE返信スピードを上げるテク”には、効果があるテクと、そうでないテクが混在しているようです。もちろん相手の男性によっては、さらに個人差があるはずですから、万人がそうだとは言い切れません。

これらのテクを使用する際は、男性の反応を見つつ、一番効果が望めそうな方法を選択してくださいね。

 

  

【参考】

「返事いつでもイイよ!」彼のLINE返信スピードが上がるテク4つ – Menjoy!