「男と女は全然違うのですッ!」恋愛で男が本当に苦手なコト2つ

男と女は、本当に違う点が多い生き物です。それは恋愛においても同じことで、性別により得意なことと苦手なことが大きく分かれます。そこで、海外情報サイト『The Talko』に掲載された記事を参照に、“恋愛で男が苦手なコト2つ”を紹介することにします。これを読んだら、彼の至らない点を許せてしまうかもしれませんよ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

1:男は慰めるのが苦手

女友達に悩みや心配ごとを相談したら、上手に慰めたり励ましたりしてくれますよね。ところが、男に同じことを打ち明けても、そうはいきません。

とにかく男は、落ち込んでいる女性を慰めたり励ましたりするのが苦手です。それは、何と言葉をかけて良いのか分からないからではないでしょうか。

恋愛についてではありませんが、最近筆者は、“男は慰めるのが苦手だ”ということを痛感する経験をしました。

筆者の父は年明けに亡くなったのですが、そのニュースは女友達を通じて、毎週末一緒に飲んでいる外国人の男友達の耳にも入りました。

筆者は、男がこういう時に何と言葉をかけて良いのか分からないことを知っていたので、あえて男友達には父の訃報を伝えなかったのです。

そして筆者は、父が亡くなったことでかなり落ち込んでいて、友達とワイワイ飲む気分にはなれず、毎週末の集まりも欠席するように。

しばらく男友達と顔を合わせていなかったので、彼らから、お悔やみの連絡が来ることも期待していませんでした。

すると、父の訃報が彼らに届いた4~5日経った頃から、男友達からメッセージが届き始めました。

「Hey,Yo! 元気か?」といった不器用感満載の質問メールや、「元気出してな」と一言励ましの言葉が書かれたメール、「鍋パーティーをするから来れそうならおいでよ」という招待メールなどなど。

そして、全員に「しばらく飲みに行く気になれそうにないけど、ちゃんと仕事をしてご飯も食べてるから心配しないで」と返信すると、「良かった! 何て言っていいのか分からなかった……」というタイプの返事が返ってきました。

男友達の一人は同じく父親を亡くしているのですが、久しぶりに会った時に、「俺も親父を失くして辛かった時に一人になりたかったから、ケイもそうかと思ってメールしなかったんだ」と言われました。

全員が全員似たような反応だったので、「男って本当に慰めるのが苦手なんだな~」と痛感。

男ってこんな感じなので、あなたが辛くて悩んでいる時に彼氏の励ましが足りなくても、単に慰めるのが苦手なのだと理解してあげてくださいね。

 

2:男は交際宣言が苦手

最近は、SNSで交際ステータスを“交際中”にしてくれない彼氏に、彼女がヤキモキしてケンカになることが多いようです。

しかし、SNSで交際ステータスを交際中にしたら、SNSでつながっている友達や知人全員に、自分が誰と付き合っているのか知れ渡りますよね。

そして別れてしまったら、その事実もバレてしまうことになります。

なので、よほど二人の関係が強固になり将来を考えられるようになるまで、気安くステータスを変更出来ないことを理解してあげるべきです。

それに、SNSのステータスで“彼女アリ”ということを早々に宣言してしまうと、他の女性と出会うチャンスを摘み取られてしまいます。

まだ、心の準備が出来ていない男にとって、これはかなり致命的!

浮気心がある・ないの問題ではなく、あなたのことを花嫁候補に考えられないうちは、他の可能性も残しておきたいのが本音でしょう。

彼がSNSで交際ステータスを変更してくれないのなら、そこまで自分に本気ではないのだと割り切り、あまりプレッシャーをかけないことです。

彼だけにこだわるのはやめて、他の男性に目を向けましょう。

そして、彼のSNS使用頻度が少ないのであれば、あなたへの気持ちに関係なく、ステータスの変更の有無に意味を感じていない場合もあるので、その辺のことも考慮してみてくださいね。

 

いかがでしたか!?

恋愛において、男が苦手なことや抵抗あることを無理強いしても、良い結果は生まれません。

男の苦手な部分は、得意分野でカバーしてもらえば十分ではないでしょうか。

 

 

 

【参考】

15 Things Men Do That Make Women Insecure In A Relationship – The Talko