あーんそれダメぇ!好きな男にイタイ女認定されるLINE3選

好きな人とだんだん仲良くなって、LINEのやりとりも頻繁にできるようになってきた! そんなときに注意したいのが、仲良くなった頃にやってはいけないダメLINEです。今回は、恋愛心理カウンセラーの筆者が、好きな人とのLINEで避けるべき、イタイLINEをご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

1:手料理の写真

上手にできたり、盛り付けられたりした料理は、いの一番に好きな人に見てもらいたいと思うもの!

しかし、手料理の写真を個人LINEで受け取って、心の底から喜ぶ男性は、実はあまり多くありません。

食べられないし、褒めなきゃだし……

彼にしてみれば、その写真がどれほどおいしそうであろうとも、実際にはできたてを食べられるわけではありません。

それに、「いいね!」を押せば良いタイムラインの投稿と比べて、個人LINEで手料理の写真など送られてしまっては、自分が褒めるしかなくなってしまいます。

心から褒めるのは簡単でも、強制されて褒めるのは男性だって苦痛。

したがって、おいしそうな手料理の写真では、彼に好印象を与えることはできないでしょう。

送っていいのは“料理好き男子”

手料理の写真を送信していい男子は、本人も料理ができちゃう料理好き男子。

写真を見てアドバイスをもらったり、「こっちは今日こんな料理だよ!」という返信をもらうことができたりと、いいこともあります。

もしくは、上手な写真撮影が自慢のインスタ男子に送っても、上手な撮り方をアドバイスしてもらえることもあるし、あるいはあなたが撮り方上手なら、褒められるかもしれません。

食いしん坊男子に送信するのは、喜ばれそうな気がしますが、実は逆に「できるなら、食べさせてよ」と機嫌を悪くされてしまうこともあるので、要注意。

また、お世辞のヘタな褒め下手男子も、料理の写真を送られるのは負担に思われてしまうので、NGでしょう。

 

2.テンションの高すぎるLINE

好きな人とLINEできるようになって、嬉しくない人はいませんよね。

もうすぐ両思いかも!と思うとついついテンションも高くなりがち。

すると自分一人で盛り上がって、うっかり長文やテンション高めなスタンプを送ってしまいそうになりますが、これが間違いの元。

「きもかわいい!」スタンプは避けましょう

長文LINEは、読むのが面倒という印象を与えたり、自分も長文で返信しなくてはならないかも……といったプレッシャーを与えたりするので、印象はマイナスです。

また、テンションの高いスタンプにも注意。

とりわけ、女性たちに「きもかわいい!」なんて言われるスタンプは、男性にとっては「何を考えているのかわからない」「センスを疑う」というような評価につながることも多いんですよ!

送っていいのは“女子力高め男子”

色々な意味で、女子っぽい感性を持っている男子なら、きもかわいいスタンプに共にウケてくれる可能性が高いでしょう。

「なにこのスタンプ~!」と盛り上がる可能性もあり!

一方、女子力という言葉が全く似合わない男性は、おもしろスタンプさえも「萎える」と評価する人が多いです。

そういうTHE 男子!な感じの相手には、ゆるふわ乙女なスタンプを送ると、「かわええ〜」とウケる傾向が。もちろん、スタンプではなく、そういうスタンプを送る“あなた”のことを「かわいい」と思うのです。

 

3.返信が来ないことを心配するLINE

好きな人とLINEをしていて、こちらが送ったものに既読がつかない、返信が来ない……というときには、女性としてはどうしても心配になるものですね。

しかし、送信してから2日も経たないのに、「返信ないけど大丈夫かな?」とか、「返信ほしいな!」などというLINEを送るのは、はっきり言ってNGです。

控えめに返信を促しているつもりかもしれませんが、相手にとっては催促以外のなにものでもありません。

そのとき都合がつかなかったり、仕事で会議中だったりしたら、あなたは「彼女候補」から、一気に「ウザい勘違い女」に格下げです。

返信の必要なLINEに返信が来ないのなら、2日ほど経過してから「この前の件どうなった?」などと送ってみましょう。

2日以内に催促を送っていい男子はいない!

男女は脳の構造が違います。いちどきに複数のことを処理できる脳を持っている女性と違い、そのとき、そのときで1つのことしか処理できないのが男性の脳。

したがって、彼があなたに返信をしてこないということは、今他のことで忙しいのですし、それを中断されたくない、あるいはできない状況なのです。

そんなときは、彼があなたからの催促を見て、「忘れてた! ヤベエ!」と感じてくれるタイミングまで時間を置くのがベスト。

「さっきLINEしてきたばっかりなのに、もう催促かよ……今忙しいんだよ……」と感じさせるのは、好きな相手なら得策ではないのです。これはどのような男性が相手でも例外はありませんよ!

 

料理の写真はたまーにタイムラインに載せて!

LINEの世界は難しく、おいしそうな手料理の写真でも、個人LINEで送信するのと、タイムラインに載せるのとでは、全く印象が違います。

個人LINEに手料理が載るのと違い、タイムラインなら「おお!」という素直な気持ちを引き出すことができるので、載せるならタイムラインがおすすめ。

でも、それも頻度が高くなると、今度は彼氏候補どころか、友達みんなからウザイと思われてしまうはめに。だから、お料理の写真は、たまーに掲載するくらいがgood!

仲良くなった頃に罠が多いのがLINEです。

ましてフェイストゥフェイスではなく、顔の見えない文字中心のコミュニケーションだけに、扱いが難しい部分もあると覚えておきましょう。