「奪い愛、春」出会いと別れの季節に奪われた愛の物語2つ

もう暦の上では春。中高生は卒業し、大学生も今月末には卒業。4月には新しい生活。別れがあったり新しい出会いがあったりと、一年で一番忙しい時期となるでしょう。もちろん恋愛面でもこの時期はかなり大変です。出会いの春だからこそ、新しい出会いに彼を持ってかれてしまった……という経験はありませんか? 今回はそんな「奪い愛、春」とっておきの物語を2つご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:不動産屋に奪われた妻

これは春から大学に通うことになった娘がいる男性(45)、A男のお話。

娘と妻、家族みんなで不動産屋に娘の部屋を探しに行った日から、妻と不動産屋との距離は縮まっていったらしいのです。

頼りにしていた人に裏切られる

A男の妻は39歳、専業主婦。今はそれなりに年をとってしまったけれど昔はミスコンに出るほどの美貌の持ち主。

そんな妻と不動産屋がデキているのを知ったのは、A男の友人が若い男と楽しそうに買い物をする妻の姿をたまたま見かけたのがきっかけ。

なんとその若い男というのが娘の部屋を熱心に探してくれた不動産屋だった。

もちろん、浮気が発覚したその日からその不動産屋とは縁を切った。いい物件を紹介してもらったけれど、妻と浮気している男に紹介してもらった部屋に娘を住まわすわけにはいかない。

娘の為に少しでもよい部屋を探そうとする彼の姿を見て、「この人は頼れる人だな」と一瞬でも思ったのが情けなくなる。

この件に対して、娘は察しているかもしれないが話してはいない。妻とは話し合った。話し合ったといっても、A男が気が済むまで妻を怒鳴り散らす結果となったわけだが……。

セックスを断られることの悲しさ

なんでこんなことになってしまったのか?

妻はこう言った。「あなたは女性として私をみてくれない」と。もちろん女性としてみていた、大切な妻だ。

この話を語っている最中「あっ…」と、ふとA男は何かを思い出した。一月ほど前だった。A男はその夜、妻に誘われたのを思い出した。その日は疲れていたのもあって、そのまま寝てしまったらしい。

「もしかして、あれか。あんなことで……」

A男はあんなことで浮気した妻に絶望したのか、あんなことを言ってしまった自分を反省してか、頭を抱え込んでしまった。

A男にとっては「それくらいのこと」、けれど女性にとってセックスを断られるのって男性が考えている以上に悲しく、情けないことなんですよね。 

2:後輩に奪われた彼氏

新学期、高校2年生になったB子が入学したての後輩に1つ年上の彼氏を奪われたお話。

実は新入生狩り男

B子が高校2年生になった途端に、理由も言わずに別れを告げてきた彼氏。突然の別れに現実を受け入れられないB子。

ある日学校で彼が女子と手を繋いでいる姿を目撃する。相手は新入生、制服をまだうまく着こなせていない後姿はまるで去年のB子。

彼と過ごした日々を思い出すと、目が潤む。「どうして私はフラれてしまったのだろう」ここ最近ずっとこればかり考えている。

その日の夕方、B子は彼の中学時代の後輩(男)に呼び出される。突然の呼び出し、彼が私と別れようと思った原因を何か知ってるんじゃないかと思い、彼の後輩と会うことに。

彼の中学時代の後輩ということは知っていたけれどあまり話したことのない相手。いったいなんの用事だろうか。

男はみんな1歳でも若い女が好き

後輩は、B子の顔を見るなりこう言った。「やっぱり、新入生狩り男にフラれたか」新入生狩り男とはB子の元彼のこと。中学の時から入学してくる年下の女の子を口説いてはその時付き合っていた彼女をすぐに捨てると有名だったそうだ。

「そうだったのか……」その後輩は落ち込むB子の姿を見かねてこのことを教えてくれたのだ。

「だから、B子はなんも悪くないぜ、あいつが最低な奴なんだ」

そこまで仲良くない奴に慰められるなんて。でもうれしかった。誰にも相談できずにいたB子は彼の顔をみるとなんだかほっとした。

当時のB子は今では23歳。立派な大人の女性に成長した。「大人になった今では普通のこと、1歳でも若い女と付き合いたいのが年上男の本心なのよ」とB子は語ってくれた。 

どうでしたか? 別れと出会いのこの季節。あなたは、どんな別れや出会いを経験するのでしょうか。

 

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!