おぉおッー!? 「いつもの女友達」になぜかドキドキした瞬間3つ

会社の同僚や、グループの男友達。じつはちょっと気になっているんだけど、相手からは異性として意識されてなさそう……。こんなとき、打開策はあるのでしょうか? 男子たちに聞いた「いつもの女友達になぜかドキドキした瞬間」から、ヒントを探してみましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

1:違う顔を見た…敏人(仮名)/33歳

「会社の同僚で、仲良くはしているけど、飲みに行くのは年に一度の忘年会くらいだったんです。

でも、毎日のように会議で顔をあわせるし、たまにみんなで昼を食べに行くときもあるから、その忘年会で、こんな特別な感情が湧くとは思いませんでした……。

なにがあったかというと、ただ、ちょっと話をするには遠く離れた向かい側の席で、他の人たちと話す彼女の顔を見ただけなんですが。

その顔が、少しイジワルな感じの目だったんだけど、やけに色っぽく感じちゃって。いつもは誰にでもいい子な感じの優等生キャラだったから、ギャップに驚いたけど。

確かにグループが変わると、違うキャラになることってありますよね。“もっと彼女の素が知りたいなぁ……”って思っちゃいました」

女子の顔はたくさんあるもの

会社の忘年会で、いつもと違う顔をしていた同僚が“気になる存在”になってしまった、という敏人くん。彼女本人に聞いたら、「え? そんな顔、してましたか?」なんて笑いそうですけど、女子の顔って、自分で思っている以上にたくさんあるものですよ。

 

2:あっ、服がっ!…晃平(仮名)/30歳

「今まで、本当に気にしたことのなかった会社の後輩が、ちょっとだけセクシーな服を着てきたんですよ。なんか脚がよく見えちゃう感じの。

そのとき、“あっ、いいな!”とドキドキしたことを覚えています。少しだけ、気になる存在になりました。

その彼女、いたって普通なんだけど、たまぁに、1、2ヶ月に1回くらい、ちょっと露出が多めの服を着てくるんですよね。透けてたり……。

“今日、なにかあるの?”って声をかけるほどではないくらいなんだけど。

うちの会社、服装は自由だから、いつでもセクシームンムンな子もいるけど、普通の子が、たまに“おやっ?”と思うような格好をしているほうが、グッとくるってことなんですかねぇ」

毎日セクシーよりもいい!

いつもは普通の女子がたまに見せる“ちょいセクシー”。これもギャップ萌えの一種なのでしょうか。毎日セクシーな子よりも気になる……ということなので、たまには露出をちょっとだけしてみると、気になる男子が振り向いてくれるかも?

 

3:なんか優しい…隆文(仮名)/29歳

「SNSではよく絡むけど、ほとんど会うことはない学生時代の女友達。あまり“女”って感じで見たことはなかった。

だけどある日、“風邪で苦しすぎる”とTwitterでつぶやいたら、“ねー、大丈夫?”とリプではなくLINEが……。優しくない?

そーいう優しさが、“あー、この子、女の子なんだなー”と思って。ここではドキドキではなく、うれしい気持ちになったんだけど。

次にいつものやりとりで、彼女にコメントしようとしたときに、なんかドキドキしている自分に気づいたな。恋ではないと思うけど(笑)」

「優しさ」は女子の武器!

失恋、失業などのシチュエーションでは別かもしれませんが、男子からすると、「どちらかというと女子から優しくされたい」という気持ちがあるのは確か。とくに風邪のときなどは。

こんなとき、男友達は空気を読んで、「優しさ」をあえて見せないことも多いですから、“女”友達として優しくしてあげると、とても喜んでもらえるかもしれません。

友達というくくりのなかでも“女”であることを意識させられたら、次なる進展もありそうですよね。

 

男子が、いつもの女友達にドキドキしちゃった瞬間を3つご紹介しました。一目惚れの激しい恋もいいけど、ジワジワ進展する恋もいいものですよね。いろいろな恋を体験して、毎日楽しい素敵な人生にしちゃいましょう。