ヤダ大興奮?男子が「あっ…」と声を出しちゃうエッチテク3つ

エッチのとき、彼氏をたっぷり気持ちよくさせていますか? 最近では、普通にエッチするだけではダメで、“女の子のように”気持ちよくさせてもらわないと満足できないという男子も多くいます。そこで『初めてのオーガズム: 26人のハツイキ告白』の著者、箱崎キョウコさんに男子が「あっ」と声を出しちゃうエッチテクを教えていただきました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

1:目隠しして後ろから

箱崎「男子を感じさせちゃう簡単な方法として、そういうシチュエーションを作ってしまうというものがありますね。

日常にあるもので、比較的すぐにできるのが、“目隠し”。

彼を裸にして、パンツ一枚くらいははいていてもいいですけど、タオルなどで目隠しをしてしまいましょう。

これで相手は、何をされるかわかりませんね。

その横で、自分が洋服を脱ぐ音などを聞かせるといいかもしれません。ドキドキしますねぇ。相手の腕などに、自分のパーツを当ててあげてもいいでしょう。

相手が性的に興奮してきたら、頃合いを見て、相手の背後にまわり、指をそろりと近づけます。触りそうで、触らない。耳などに呼吸の音を聞かせてもいいですね。近くにいることをわからせます。

そして、満を持して、背中や脇腹、胸などをツーっと指で触るのです。

きっと、“あっ”と声を出しちゃいますよ」

 

2:「声出しちゃダメだよ」

箱崎「目隠しをしよう……なんて、なかなか言えない。そんなちょっとシャイな女子におすすめなのが、相手をさわってあげているときに、“声出しちゃダメだよ”と、禁止をいれる方法です。

人は“やっちゃダメ”と言われると、逆にどうしても、それを意識してしまいがちですから、声がこらえきれなくなってきます。

“笑っちゃダメ”と言われると、笑いそうになりやすいのと同じですよね。

“声出しちゃダメだよ”と言ったときにさわるのは、股間ではなく、上半身の敏感な部分がいいでしょう。とくにバストトップは、反応が良い男子も最近は多いので、オススメ。

“ぁっ……”と声を押し殺し、必死に我慢する姿はとてもかわいくて、あなたも興奮できちゃいますよ」

 

3:焦らして、焦らして

箱崎「目隠しするのとか、“声出しちゃダメだよ”と言うのとか、恥ずかしい……。でも、興奮させたいッ! そんなちょっとワガママな女子にオススメなのが、“とにかく焦らす”という方法。

彼のことをたっぷりとさわって、気持ちよくしてあげるんだけど、大事な部分はとにかくさわらない。さわりそうに見せかけて、でもさわらない。近くまでいくんだけど、やっぱりさわらない……。

焦らされていることを、相手に気づかせるのが効果的です。

これも股間よりもバストトップが効きやすいですよ。まだその部分の気持ちよさがわからない彼だったら、逆にチャンス。開発してあげましょう。

焦らされて、焦らされて、やっとさわられたかった部分をさわられたとき……、きっと彼は“あぁっ!”と声を出しちゃうでしょうね」

 

男子が「あっ」と声を出しちゃうエッチテクを教えていただきました。なかなかエロロなテクでしたね。きっと彼は夢中になりすぎてしまうので、本命の場合にだけ、使ってあげてくださいね。

 

【取材協力】

箱崎キョウコ・・・育児にがんばる4児の母。「案ずるより産むが易し」がモットー。趣味はボルダリング。著書に『初めてのオーガズム: 26人のハツイキ告白』、『妄想ひとりHのススメ: 本物より気持ちいい』がある。