満開のつもりが逆効果!? お花見で「ラブが散る」NG行為1位は…

愛しの彼が参加するお花見には、万障繰り合わせて参加したいですよね! しかし、せっかくのお花見でマナー違反をしてしまえば、ラブはあっけなく散ってしまいます。お花見は、ラブを散らせるのではなく満開を狙いたいシーン。では、ラブが散る行為にはどんなものが挙げられるのでしょうか……!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

3位:お酒のイッキ飲み

日本ホームパーティー協会と日本ピクニックパーティー協会が共同で実施した「2017年のお花見に関するアンケート調査」では、710名に「お花見で気をつけてほしいマナーとはなんですか?」と質問。

その回答の3位になっていたのは、「お酒のイッキ飲み」で49.3%が選択しています。

場を盛り上げたいばかりに、「ねぇねぇ。ゲームしよ! 負けた人はイッキ飲みねぇ~」なんて提案をしてしまうと、「なんだよ、コイツ! うるせーよ!」などと反感を買いがち。

周りの花見客にもうるさくて迷惑をかけそうですし、イッキ飲みを提案してしまうだけで一気に非モテ女子に転落しがちなご時世なのです。

 

2位:桜の木を傷つける

続いて、同質問に対して73.2%が選び2位になっているのは「桜の木を傷つける」です。

インスタにお花見っぽい写真を載せたいからって枝を折って桜を小道具にしてしまったり、「今日のお花見の記念に、●●くんと私の名前を彫ろう! 来年も一緒に来れますようにぃ~」なんて傷つけてしまったり……。

お花見では、なぜかテンションが上がりすぎて桜を傷つけてしまう人もいます。

しかし、これはガチでマナー違反!

ひとりではしゃいで桜を傷つけている女子を見た男子は、「育ち悪そうな女だなー」なんて感想だって抱きかねません。

 

1位:酔って大声を出すor暴れる

そして、同質問に対してダントツの95.8%が選び1位になっているのは「酔って大声を出すor暴れる」です。

お酒が入るとテンションが上がる人も少なくありませんが、騒いだり暴れたりするのは周囲への迷惑行為にもなりますよね。

お酒の勢いを借りて「●●くんのことだぁい好き~! もぅ好きすぎてヤバァイ! キャーキャー」などと騒ぎ立てるのは、ラブを散らす定番行為にもなりかねないのです。

騒いでいる女子には見知らぬ他人もドン引きしそうですし、大声を出してはしゃぎすぎないよう、改めて注意したいですね。

 

以上、お花見でラブが散る迷惑な行為をご紹介しましたが、あなたもこんな人を見かけたことがありますか?

せっかくお花見するなら、桜と一緒にラブも満開にするモテ行為を意識していきましょう。

 

 

【参考】

「2017年のお花見」に関する実態調査 – 日本ホームパーティー協会・日本ピクニックパーティー協会