「もぅ泣きたいよ!」エッチの後に女を不安に陥れる男の心無い言動3

エッチをするのは、快感のためだけではありませんよね。彼とのエッチ……それは二人の関係をより深いものにしたいと願ってするものです。だからこそ、エッチはする前よりも最中よりも、終わった後がとても大事! なのに、彼の心ない言動に傷付いたことはありませんか? 女たちが“エッチの後に泣きたくなったこと”、3つご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

予定がある

A美さん「エッチが終わって片付けをして一息ついて、ちょっと優しくして欲しいなと思っている矢先、“この後約束あるんだ”といってそそくさと帰り支度をされたときの物悲しさたるや……。あの時こそ“泣きたいよ!”と思いましたね」

面倒くさいと思われたくない

エッチの後に情緒不安定になる女は面倒、なんて言われたくなくて、言いたいことも言えずにぐっとこらえてしまっている女性は数多くいることでしょう。

長く付き合って信頼関係が十分に築けているならまだしも、男性には是非エッチの後の時間こそ大切にして欲しいものです。

エッチの後そそくさと帰られてしまうと切なく思うのは、もちろん、彼ともっと一緒にいたいという気持ちもありますが、「満足しなかったのかな?」という不安がよぎってしまうからではないでしょうか?

悪気なくさっさと帰ってしまうタイプの彼なら、「今日はずっと一緒にいられる?」と先に聞いてみるのもアリですね。

エッチの後もゆっくりできた時には「こういう時間が大好き」と伝えてみましょう。悪気がない彼ほど、あなたのために時間をとってあげたいと思ってくれるはずです。

 

キスしない

K子さん「いつもはバイバイする時もキスするし、何かとキスをたくさんしてくれる彼なのに、満足してしまっているのか、エッチの後に限ってキスをしてくれない。一番して欲しいのは、今だよ! 今!」

エッチの後すっきりするのが男、もっと一緒にいたくなるのが女

エッチの後や授乳中などに放出されるオキシトシン。愛着を生み出すホルモンとして知られています。

オキシトシンは、女性にとっては“自分のガードを下げ、相手を受け入れる”という効果をもたらすのに対し、男性にとってはその行為を単なる”喜び”として認識させるという違いがあります。

つまり、男にとっては”気持ちよかった”という事実だけが残り、終了。一方女性は、一緒にいたいという気持ちがさらに深まります。だからこそ、女は悶々としてしまうのです。

なんだかずるい!と感じてしまうのは筆者だけでしょうか。

 

喋らない

M美さん「もともと口数が少ないのに、エッチの後は更に無口になる人と付き合っていたことがあります。気に入らなかったの? がっかりしたの? 一体なんなの!? と、彼に対してすごくフラストレーションが溜まりましたね」

感想はスキンシップで表して欲しい

女性だって、彼にエッチの感想をベラベラ話して欲しいわけではありません。

ただ親密な関係を結んだ後だからこそ、上手にケアしてほしいと思うのが女心というもの。それをわかってくれる男性は意外と少ないものです。彼に対して「なんでわかってくれないの?!」と思ったことのない女性は少なくないはず。

初めから分かってくれれば最高ですが、そんなにうまくはいかないのが現実。彼に対して本気なら、少しずつ彼を“調教”していくしかないのでしょう。

その人を長く愛するつもりなら、どうしてほしいのか、自分はどう扱われたいのかを伝えていくことも、大切なことだといえそうです。

 

いかがでしたか?

エッチの後にそっけない対応をされると残念な気持ちになりますよね。彼の対応に不満を感じるのであれば、それを直接、彼に伝えてみるのもよいでしょう。

彼もはじめは戸惑うかもしれませんが、あなたを愛しているのなら、きっと少しずつ理解しようとしてくれるはずです。

 

 

【参考】

How to make stress your friend – TED

Sex: Why it makes women fall in love – but just makes men want MORE!