家モテを狙えッ!男子が「共感してくれる」意外な観葉植物TOP3

好きな男子が自宅に遊びに来てくれたシーンでは、「お。この子センスいいなぁ」と思わせたいッ! インテリアのセンスに共感してくれれば、「結婚したら、センスのイイ家に住めそう」なんて期待値も上がるかも。プラネットの「花や緑のある生活に関する意識調査」をもとに、男子がセンスを共感してくれる観葉植物のトップ3をお伝えします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

3位:金のなる木

男子346名に「自宅にある観葉植物の種類を教えてください」と質問した結果、3位になっているのは「金のなる木」で25.4%が選択しています。

“金のなる木”は、新芽に5円玉を通して成長させ、お金が成ったように見せる育てかたが流行したことから、その名がついたという説もあります。

筆者の実家にもありますが、暑さや乾燥にも比較的強く、育てやすい植物です。

マメじゃない男子でも育てやすいところや、「金のなる木を置いておけば金持ちになれそう」なんてゲン担ぎもあって人気なのかもしれません。

“金のなる木”を知らない男子もいた……

しかし、筆者知人男子に金のなる木についてコメントを取材しようとしたら「なにそれ? 植物なの? 知らない」という答えが返ってきたので、万人ウケする植物ではないのかも……。

ちょっとガッカリですね。

 

2位:ポトス

続いて、同質問に対して26.3%が選び2位になっていたのは「ポトス」です。

ちなみに、同じ質問を同調査が女性にしたところ「ポトス」が37.0%の選択率で1位になっています。

男性からも女性からも人気がある観葉植物の代表格と言えますね。

家にポトスを飾っておけば、「お。コレ、俺の家にもあるよ! ポトスでしょ?」なんて会話が盛り上がるメリットも期待できそうですね。

“ポトス”に無関心な男子もいた……

こちらも、男子ウケの実態を探りたく友人男子に尋ねたところ、「ポトスってなんだっけ。植物だっけ。どんなのだっけ」という残念なコメントが返ってきました。

植物に関心のない男子は、全く興味を抱いていない一面もうかがえます。

 

1位:サボテン

そして、同質問に対して35.5%の男子が選び1位になっていたのは「サボテン」です。

乾燥に強い植物の代表格なので、部屋の湿度に無頓着なズボラ男子でも比較的育てやすいあたりも人気の秘密かもしれませんね。

ちなみに、あまり水をあげすぎると根腐れを起こすので、水やりは控えめにするぐらいが丁度いいと言われます。

「サボテン」は女性の回答では3位になっていて、25.8%が選択していましたので、こちらも男女両方から一定の人気を誇る観葉植物になるようです。

“サボテン”は真のモテ植物!?

こちらも真の男ウケ具合を調べるべく、友人男子に取材を実施。

すると、「サボテンはいいよね。オシャレな感じがする」と好印象な答えが返ってきました!

サボテンは植物に無関心っぽい男子でも共感してくれそうな真のモテ植物である可能性がうかがえます。

さすが、男子部門の1位になっただけのことがありますね。

 

観葉植物を飾る理由に男女差が!?

ちなみに、同調査で「自宅での生活に、花や緑を取り入れた理由を教えてください」と質問をし結果の男女差に注目したところ、男性のほうが女性より選択率の高くなっている意外な選択肢が次の3点です。

(1)家族の一員、友達として(男女差3.2ポイント)

(2)空気の浄化(男女差3.0ポイント)

(3)香りがよい(男女差2.8ポイント)

家族の一員として植物を迎える意識が女子よりも高いということは、もしかして、男子で観葉植物を家に置いているタイプには根が“寂しがりや”の人が多いのかもしれません。

また、空気の浄化作用やアロマ代わりの香りを期待している男子が少なくないことは、女子より男子のほうが植物に対して実用性を求めている面も垣間見えます。

彼を家に招いて観葉植物の話題になったら、こんな点に意識して会話を発展させると、共感される可能性が高くなりそうですね。

 

彼が家に来たときに、観葉植物のおかげで絆が強まれば嬉しいですよね。

あなたの部屋には、どんな観葉植物を置いていますか? これから新しい植物を置くなら、男子が共感してくれそうな種類を選ぶと、さらなるモテを狙えるのではないでしょうか。

 

 

【参考】

花や緑のある生活に関する意識調査 – プラネット