妄想が止まらない…「複数プレイに興味ある?」男性の本音とは

エッチな漫画やビデオでたまに見かける“複数プレイ”。第三者が加わってのエッチなんて、普通は絶対に起こりません。しかし、世の中に複数プレイという考え方がある以上、男性たちは心のどこかで「実はやってみたい!」と思っているのかもしれません。とっても変態な感じがする“複数プレイ”。男性たちはどんなふうに考えているのでしょうか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

1:まったく興味ナシ!

「その手のジャンルにはまったく興味ないですね。よっぽどSMのほうがマシです。……SMも興味ないですけど(笑)」(Aくん、27歳/会社員)

複数プレイに対してまったく興味がないというAくん。エッチの際に、彼女以外の第三者がいるなんて考えられないのだとか。一体どうしてなのでしょう?

勃たなくなりそう……

「女の子が二人っていうパターンでも嫌ですね。エッチを見られると、勃たなくなりそうです」(Aくん)

男性は意外と繊細です。ちょっと気が散るだけで、“男性自身”が勃たなくなるという人は少なくなく、そんな人は「複数プレイなんてムリムリ!」と感じるのかもしれません。

でも、女の子を二人はべらせる“ハーレム状態”であっても、「無理!」というのは意外ですね。

Aくんは好色らしいのですが、普段は女の子を口説きまくっていても、プレイのほうはノーマルを求めるのだそう。プレイに対して“変態”を求める男性って、実は少ないのかもしれません。

 

2:一度でいいからやってみたい

「そんなチャンス巡ってこないと思いますが、できることならやりたいですね」(Bくん、27歳/会社員)

Aくんとは対照的に、チャンスがあれば是非やってみたいというBくん。中学生の頃から、女の子を二人以上はべらせてエッチする妄想をしているのだとか。

でも妄想してるだけで十分

「まぁ、実際はチャンスがあってもやらないと思いますけどね」(Bくん)

最初は「やりたい!」と即答したBくんですが、しばらくしてそんなことを呟きました。複数プレイには憧れるけど、実際に「さぁ、どうぞ」と言われても“その気”にはならないだろうとのこと。複数プレイは変態過ぎて、逆に萎えるのだとか。

妄想は妄想だからこそ興奮するのであって、実際にエッチするとなれば、やはり複数プレイよりも、普通のエッチがいいのだと言います。

「もし実際に複数プレイなんてしたら、“何やってんだろ自分”って思って萎えると思います。妄想しているだけで十分ですよ」……だそうです。

 

3:“彼女を交えて”はNG

「やってみたいか、やってみたくないかで言えば、やってみたいですね。でも自分の彼女を交えてはNGですね。まったく関係ない女の人とならやりたいかも」(Cくん、27歳/銀行員)

やってみたいと思うけれども、“複数”の中に自分の彼女を入れたくはないというCくん。一体どういうことなのでしょう?

変態な自分を見せたくない

「複数プレイって超変態じゃないですか? だからまったく知らない人とやるとか……とにかく、知っている人に自分がそんな変態だと思われたくないですよ。男ってのは、エッチのときでもカッコつけたいんです」(Cくん)

複数プレイには興味があるけれど、それを知り合いに見られたくはないというCくん。自分が変態行為をするところを見られるのだけは、絶対に嫌なのだとか。

どんなに変態なエッチをしたくても、彼女の前では、それをある程度抑えて“カッコつけたくなる”のが男心なのでしょう。

男性にとって、変態が全開になる複数プレイは、カッコ悪いことなんですね。

まぁ、そもそも複数プレイに入りたいなんて言う彼女はいないでしょうけど……。

 

いかがでしたか?

もちろんこれらの意見は全て男子たちの妄想に基づいています。

しかし、筆者が「複数プレイに興味ある?」と質問した際、ほとんどの男性が「ある!」とか「ない!」とか即答してくれたので、ある意味では、世の中の男性は総じて複数プレイに“興味あり”と言うこともできるのかもしれません。