おおっ「不倫するにはちょうどいい!」と思われる女性の特徴5つ

あなたは不倫の恋をしたことがありますか? 不倫を繰り返す人もいるのが現実ですが、実は「不倫をするのにちょうどいい」と思われる女性には特徴があり、不倫したい男性から誘われやすいという一面もあるんです。今回はそんな、不倫にちょうどいいと思われてしまう女性の特徴を恋愛催眠セラピストの筆者がご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

不倫をするのにちょうどいいと思われる女性とは?

1:押しに弱い

これは定番! 押しに弱い女性は不倫相手として、ちょうどいいと思われやすいナンバーワンです。

頼んだことは断らない、いつもちょっと控えめに相手に同意ばかりしているような女性は、心理的にも、既婚の男性の心のオアシスになってしまいやすい一面を持っています。

これからご紹介する、2~5の条件のどれか、特に4や5に当てはまっているなら、なおさら、不倫相手としてロックオンされる確率が高いでしょう。

2:おとなしめ

不倫相手の条件として、おとなしめの女性は非常に好条件と言えます。

なぜなら、もしも不倫関係に陥ったとしても、相手が自分の家庭に怒鳴り込んできたり、妻にメールを送ってきたり、わざとバレるようなマネをする可能性が少ないと考えられるからです。

さらに別れ際も、きっぱりと別れると言いさえすればおとなしく身をひくだろうと男性に思われやすいのです。

実際は、おとなしく見えるからといって、素直に身を引くタイプかどうかはわからないのですが、男性は単純ですよね。

3:派手ではない、地味

男性が不倫相手に選ぶのは、身なりが派手な女性よりも、派手ではない女性のほうが多いでしょう。

なぜなら、不倫の恋はおおっぴらにお金を使えないことがほとんど。貢がなければ不機嫌になるような派手な女性は、不倫相手としては不適切と思えてしまうのです。

誕生日のプレゼントだって、派手な女性よりも、地味な女性のほうが、節約できそうですよね。

また他にも、地味な女性のほうが気弱に見える、誘いやすいといったような心理的な気安さもあるでしょう。

もし一緒に歩いているところを見られても、目立ってしまう派手な女性より、人目につかない地味な女性のほうが色々と好都合です。

4:恋に恋している

恋愛は理想的なことばかりではありませんが、そのことを本当の意味で理解せず、素敵な王子様に出会って大事にされて……なんて考えている女性は、不倫向きの女性であると言えます。

このような女性は、ちょっと優しくしてあげる、ちょっとあからさまに大事にしてあげると、コロッとなびいてしまいがち。

「大事にしてくれた!」「優しくしてくれた!」ということで、心を許してしまうのです。

男性の目からは、女性が恋に恋していることはわからないのですが、しかし少しでも優しくしてあげると、熱っぽい目線で見返してくるなどの傾向があるので、不倫に発展しやすくなります。

5:貧乏でも愛があればいい

今日び不倫相手に自由自在にお金を使える男性はごくわずか。既婚の男性ならほとんどが、使えるお金は限られています。

ですから、この女性と不倫をしたいと思っても、プレゼントを贈る必要がる女性や、高価なディナーなどを経なければ誘えないような女性は「ムリ!」なんです。

そこへもってきて、初デートにラーメン屋などに誘っても「引いた……」なんて言わない女性は不倫相手にはもってこい!

 

いくつかの要因が複合的に「誘いやすい女」を仕上げている!

不倫相手にもってこいと思われてしまう第一の条件は、まずはアタックのしやすさです。

誘っても断らない押しの弱さ、「何言ってるの、既婚でしょ!」なんて言わない気弱さなどは、アタックしやすいと受け取られ、不倫相手として「ちょうどいい」と思われてしまいがち!

「不倫をしている」なんて友達から聞くと、(そんなタイプには見えなかったのに……)なんて思ってしまうことはありませんか?

不倫できそうと思われる女性は、妻から男性を奪うことができそうな女性ではなく、逆にそうしたことが“できなさそうな女性”のほうが多いんですよ。