それ私のコーラだけど…男が「映画デートでやらかした失敗」3つ

年度末ということもあり、話題の映画が多く公開されているこの時期ですが、男性と二人“映画デート”を計画している人も多いのではないでしょうか? ただ座って映画を観るだけのデート、失敗なんてしないように思えますが、実は意外な落とし穴が潜んでいるのです。今回は男が“映画デートで実際にやらかした失敗”について見ていきましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

1:レディースディなのに……

「彼女のために先に映画館へ行ってチケットを買ったんですが、その日は水曜日でレディースディだったんです。僕、男なんで普通に1,800円でチケットを2枚買っちゃって……」(Aくん、27歳/会社員)

多くの映画館で水曜日に設定されているレディースディ。女性は1,000円ちょっとで映画が観られるお得な日ですよね。しかし、男性にはそんな日がありません。故に、Aくんは普通のお値段でチケットを2枚買ってしまったのです。

差額でポップコーンが買えたとガックリ

「チケットの払い戻しができなかったんで、差額は僕が払いました。そのお金でポップコーン買えましたよ。ガックリきましたね。」(Aくん)

1,800円のチケットをレディースディ価格で買っていれば、500円以上安くなったはずなので、そのお金でポップコーンなどが買えた……そう思うと、Aくんはとても無念な気分になったのだとか。

Aくんのような悲劇を繰り返さないためにも、サービスディの情報や割引券の存在は、早めに知らせてあげましょう。彼が無駄な出費をしちゃうかもしれません。

 

2:彼女のコーラを……

「上映中にポップコーンを食べて、コーラを飲んでいたんですが、そのコーラが実は彼女のコーラだったってことがあります。あれは恥ずかしかった」(Bくん、27歳/会社員)

上映中に、左のひじ掛けに置いたコーラを飲み続けていたというBくん。しかし、そのコーラはBくんのものではなく、彼女のコーラだったそう。

気づいてたなら教えてよ!

「映画が終わって、劇場が明るくなったら、右手側のひじ掛けに満タンのコーラがあったんです。“やっちまった!”と思いましたよ」(Bくん)

間違えて彼女のコーラを飲み干すという行為……考えるだけでも恥ずかしいですね。

しかし、彼女は上映中、Bくんが自分のコーラを間違えて飲んでいることに気づいていたのだとか。そんなに喉が渇いていなかったから黙認していたのだそう。

「そういう間違いは、恥ずかしいから早く指摘してほしかったです」(Bくん)

間違いは指摘されると恥ずかしい思いをしてしまいますが、指摘されずにずっと間違いを犯し続けると、もっと恥ずかしい思いをしてしまいます。

男性に必要以上の恥をかかせないためにも、彼の間違いは早めに指摘してあげましょう。

 

3:引越しの疲れが溜まっていて……

「引越しをした次の日に映画を観に行ったんですよ。でも疲れが溜まってたのか、本編が始まる前に眠っちゃったことがあります」(Cくん、26歳/団体職員)

Cくんが観に行ったのは、某恐竜映画。静かな映画ならばともかく、迫力満点の映画で“寝落ち”しちゃうなんて、だいぶ疲れていたんでしょうね。

笑い話にしてくれよ

「人が恐竜に食べられたシーンで目が覚めました。映画を観終った後に“最初寝てたでしょ?”って言われて……まぁ、気づかれてましたね」(Cくん)

映画が終わった後、彼女に「寝てたでしょ?」と指摘されたCくん。笑い話になるかと思いきや、「あんなにアクション満載の冒頭で眠っちゃうなんて、おかしいよ! 風邪なんじゃない?」と、彼女から体調不良を疑われたそう。

「すごい心配されて、申し訳なくなりました」(Cくん)

心配されたCくんは、ただの疲労なのに気を遣われて、肩身の狭い思いをしたのだとか。笑い話にならないところが、逆に恥ずかしですね。

男性の失敗を“笑い話”として処理したほうが、彼が救われるときもあるのです。覚えておきましょう。

 

いかがでしたか?

簡単な映画デートとはいえ、様々なところで男性を失敗を犯しがちです。彼が何かやらかしたときは、怒らず、一緒に笑ってあげてくださいね。そっちのほうが楽しいですよ。