若さも美貌もないのに!「何度でも結婚できる」バツあり女性の特徴3つ

再婚、再々婚、再々再婚で幸せになれる女性って、ある意味すごい! まだ誰からも求婚されたことのない独身女性は、そのモテ力にぜひあやかりたいものですよね。今回は、『恋人・夫婦仲相談所』所長の二松まゆみさんの著書『堂々再婚』を参考に、何度でも結婚できるバツあり女性の特徴3つをお届けします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

1:自己評価が高い

離婚しても次はもっとハッピーになれる女性の条件は、自己評価を高く持っていること。

自己評価の高い女性は、好みのタイプの男性とかかわる機会があれば「これはチャンス!」ととらえます。

美人でなくても、若くなくても、自分にはちゃんといいところがあって、幸せになれると思えているから、「この人いいな」と思う男性には、気軽に素直にアプローチすることができるのです。

「どうせ私なんて……」思考は百害あって一利なし!

独身女性が「どうせ私なんてモテないし……」と卑屈になっていると、恋愛市場においてどんどん落ちこぼれてしまいます。

素敵な男性が目の前に現れても「どうせ私なんか」と思えば、無意識のうちにその男性を遠ざけるような態度や行動をとってしまうからです。

また、「モテないのにがんばってもしょうがない」とファッションやメイクに手を抜きがちに。それじゃますますモテません。

こうした負のループから脱却するには、まずはとことん自分をヨイショすること。

自分のいいところを紙に書き出して毎日眺めてもいいですし、「こんなの似合わない!」と決め付けず、思い切りオシャレを楽しむのもアリでしょう。

 

2:過去の反省ができる

再婚で幸せになれる女性の次なる条件は、過去の反省がきちんとできていること。

旦那の浮気や借金など、直接の離婚の原因は相手側にあった場合でも、妻側の責任はゼロではありません。

たとえば、焦って相手の本性を見極めないまま結婚した。結婚生活中、本音でしっかり話し合うことから逃げてしまった。男性のプライドを傷つけるようなことを言ってしまいがちだった……。

このように過去の結婚で自分の至らなかった点をしっかり噛みしめることができる女性なら、次は本当に相性ぴったりのパートナーを見つけることができるのです。

また再婚相手にはイヤな思いをさせないよう自ら襟を正すことで、前婚と同じ失敗を繰り返すリスクが低まります。

“昔の男”の文句ばかり言っていませんか?

ダメ男にいつも泣かされてばかり……という女性は、過去の検証を疎かにしていないでしょうか?

ただ「私は男運が悪い」「次は私のありのままを受け入れてくれる男性がいい」で思考がストップしていては、いつまでも同じパターンのダメ恋愛や失恋を繰り返すだけ。

男性を判断する基準や彼氏への接し方などに問題がなかったかどうか虚心坦懐にチェックしてみることをオススメします!

 

3:居心地のよさがある

バツあり女性の強みといえば、なんといっても男性に対する理解度が高いこと。

破局してしまったとはいえ、1度は結婚生活を経験していることで、男性への過度な期待がなく、男女の価値観にズレがあることも身をもって理解しています。

今どきの男性は「恋愛なんて面倒くさいもの」と考えがちですが、そんな彼らにとって、男心をわきまえているバツあり女性は一緒にいて心安らげる存在となりやすいようです。

未婚でも“居心地のよい女性”になるポイントは?

では、男性と暮らした経験もなければ、恋愛経験すら乏しい女性では、バツあり女性にかなわないのでしょうか?

いいえ、ちょっとした日ごろの行動で「この女性となら居心地がよさそう」と男心をくすぐることは可能なのです。

そのポイントのひとつは、“とにかく相手の話を聞いてあげること”。

<「私が私が!」ではなく、相手の気持ちを読みながら行動できるのも、一度結婚を経験した人の武器です。仕事で苦しい思いをしている人や、何かイヤなことがあったのかな? という表情をしている人などには、「何かあったの?」と話を聞いてあげる大人の余裕を見せましょう。ただ耳を傾けて、「そうなんだ」「大変だよね」と相づちを打ちましょう。ひたすら聞き役に徹することのできる包容力に、男性は思わず甘えたくなってしまうはず。>

人と会話する際「聞いて、聞いて!」と自分ばかりが話し手にまわろうとすると、男性に「こいつ面倒くせー」と思わせてしまいます。

経験値でバツあり女性にかなわなくても、せめて話を聞く姿勢だけは身につけて、居心地のよい女性を目指しましょう!

 

「なんであの人は何度も結婚できて、私は1回も求婚されないの?」とただひがんでいるだけでは何も始まりません。バツあり女性のいいところは上手に取り入れて、今度はあなたがプロポーズされる番になりましょう!

 

 

【参考】

二松まゆみ(2016)『堂々再婚~何度でも結婚できる技術』(WAVE出版)