やめてくれッ!混浴での「イチャつきNGシーン」に対する本音3つ

混浴といえば彼とイチャつくのが醍醐味ですよね。しかし、いくら彼とイチャイチャしたいと思っていても、最低限のタイミングをわきまえておくことは大切です。“イチャつきNG”のタイミングで彼に触れてしまうと、嫌われるどころか、流血事件に発展するともいいます。今回はそんな“イチャつきNGシーン”と男子の本音を紹介しましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

1:彼がヒゲを剃っているタイミング

「お風呂でのヒゲ剃り中は、触れてほしくないですね。安全剃刀とはいえ、手元が狂うと切れちゃいますからね。洒落になりませんよ」(Aくん、26歳/団体職員)

男性の中にはお風呂場でヒゲを剃る“お風呂シェービング派”の人も少なくありません。そんなタイミングで、彼に触れてしまうと、手元が滑り、肌を切ってしまう可能性もあるのです。

話しかけるのもNG

「ヒゲ剃り中は、話しかけるのもダメです。湯船の中で大人しくしていて欲しいですね」(Aくん)

男性の髭は濃く、人によっては力を込めないと綺麗に剃れないということもあります。つまり、男性は女性が思っている以上に、剃刀に力を入れていることがあるので、ヒゲ剃り中は、お喋りすら厳禁なのです。

あなたが彼に話しかけたせいで、流血沙汰になってしまっては、せっかくの混浴タイムが台無しです。彼がヒゲ剃り中は大人しくしていましょう。

 

2:彼が髪を洗っている瞬間

「シャンプーの最中は、触ってほしくないですね。目を閉じているので、身体に触れられるとビックリします。というか、イラッとしますね」(Bくん、27歳/会社員)

目を閉じてシャンプー中、彼女がイチャイチャしてくると、驚きを通り越して、イラッとするというBくん。途中で目を開けてしまうと、シャンプーが目に入って「しみるぅぅ~」と苦しみが待っているので、あまり驚かさないようにしましょう。

「洗ってあげるね」で解決

「シャンプー中に甘えてくるなら、最初から頭を洗ってほしいです。途中で来られるのが一番イヤですね」(Bくん)

シャンプーの“途中”で、身体を触られたりするとビックリしますが、最初から彼女に洗ってもらうのであれば、大歓迎だというBくん。彼女に頭を洗ってもらうのは、美容院のシャンプーのようで気持ちいいのだとか。

混浴中、彼が頭を洗っている間、じっとしているのは暇ですよね。そのときにも彼とイチャイチャしたいのであれば、「髪、洗ってあげるよ」と言いましょう。それで解決です。

 

3:彼が身体を拭いているタイミング

「お風呂上がりに身体を拭いているタイミングで、抱きつかれたりするとイラッとしますね」(Cくん、27歳/会社員)

浴室を出て、自分の身体を拭いているときに抱きつかれるとイライラを感じるというCくん。一体なぜなのでしょうか?

せっかく身体拭いたのに!

「だって、せっかく身体を拭いて乾かしたのに、彼女に抱きつかれると、また濡れちゃうじゃないですか」(Cくん)

Cくんのように入浴後は、すぐに身体を乾かしたいと思っている男性は少なくありません。風呂上がりにお肌がジメジメするのが嫌なんです。

ですから、脱衣所で身体を拭いたあと、濡れた状態で彼女が抱きついてくると、「おい、また身体を拭かないといけねぇじゃねぇか」と思ってしまい、イラッとするんですね。

入浴後、彼に抱きつくのは自分の髪や身体を乾かしてからにしましょう。湿った身体で彼をイラつかせると、せっかくの楽しかった混浴タイムが台無しになってしまいます。

 

いかがでしたか?

大好きな彼との混浴であっても、ハメを外し過ぎてはいけません。“親しき中にも礼儀あり”の心を忘れず、彼が嫌がることは避けましょう。

 

 

【参考】

今はダメ…!混浴で彼に「イチャついちゃNG」なタイミングとは – Menjoy!