平日エッチすると年収がアップ?エッチ後24時間の「賢者タイム」を活用

エッチというのは、単純に気持ちいいこともありますが、お互いの絆を深めるうえで欠かせないものですよね。しかし実は、それ以外にもポジティブな効果があって、それが24時間も持続するという研究結果がありました。そこで今回は、エッチがもたらす生活へのうれしい効果について、見てみましょう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:エッチの充足感は、比類ない!?

エッチをした後というのは、男性も女性もボーッとしてしまいますよね。男性の場合、その時間を「賢者タイム」といいます。

そんな”無”の状態になれるのは、エッチがもたらす充足感が、他のアクティビティに比べてはるかに大きいから。その謎を解明した研究結果を紹介します。

 

2:エッチのポジティブな効果とは?

(1)エッチが人間にいい効果をもたらす調査内容

米オレゴン州立大学とワシントン州立大学の研究チームが、フルタイムで働く夫婦159組を対象に、セックスライフがどう仕事に影響するかアンケート調査を行いました。

回答者は、毎日朝昼夜の3度オンラインのアンケートに応じ、その日セックスをしたかどうか、1日をポジティブで能率的に過ごせたかどうかなどについて、回答をしていました。

(2)平日のエッチが仕事にもたらす効果

調査結果では、平日にセックスを優先させたカップルは、仕事にも良い影響があったことが判明。セックスをした翌日は、ポジティブな気持ちで起床して昼間は仕事に集中し、満足感を感じていたことが明らかになったのです。

そして、男女関係なくセックスの回数が多いカップルは、睡眠の質も良く結婚生活に満足していることも分かりました。

セックスをすると、脳からドーパミンやオキシトシンといった物質が分泌されるため喜びや幸福感が増し、その精神状態が翌日も続くことで職場で集中できて元気に働けるのだそう。

研究チームによると、そういったポジティブな効果は、なんと24時間も持続するとのこと。

この研究結果を踏まえれば、大事なプレゼンテーションや企画ミーティングがある前夜に、ベッドで行為に励めば大きな効果が期待できるはず。

 

3:まとめ

仕事の効率が上がれば、出世したり、昇給したり、より条件がいい会社に転職できたりする条件が整うということ。

確かに、恋人と付き合い始めた人、結婚した人など、日常的にエッチができる条件が整った人は、仕事がデキるようになったという話はよく耳にします。

 

仕事から疲れて帰って来たら、「エッチで体力を消耗するぐらいなら眠りたい……」と思ってしまうかもしれませんが、30分で良いので、パートナーとの時間を作ってみてください。

そうすれば、「パートナーとのエッチ→職場で仕事がはかどる→良い気分で帰宅→夫婦で仲良く過ごせる→またエッチ」といった、ポジティブなループが生まれるハズ。

ぜひそれを参考にして、パートナーと共に年収アップを図ってみてはいかがでしょうか。おそらく、いい結果になるのだと推測されます。

 

【参考】

Maintaining an active sex life may lead to improved job satisfaction, engagement in work

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!