「生理前ってエッチできないの?」女がイラッとする男の勘違い言動

生理は女性にしか来ないとはいえ、彼にも多少は理解してもらわないと困りますよね。生理がきっかけで喧嘩をしてしまうカップルは数知れず。大昔からあるのに、男女の感覚の差がなかなか埋まらない難しい問題です。私達の寛容さがそぎ落とされる生理中に限ってありえない彼の言動。そこで今回は、生理に関して女がイラッとする男の勘違い言動を3つご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

え、まだ生理始まってないじゃん?

生理中にお腹が痛くなったり、貧血気味になったりすることを知っている男性は多いもの。

でも精神的に不安定になるのは、生理前が多いってことを知っている人は一握り。

「え、まだ始まってないのに何がつらいの?」

なんて彼に言われたらかなりイラッとしてしまうものです。

女がわかってほしいのは、自分でもコントロールできないってこと

体がしんどいことはわかってもらえても、精神状態が不安定になるということについては男性からは中々理解されにくいのが現実。

女としては、この不安定さを自分でもコントロールできかねるのだということをわかってもらえると大変助かりますよね。 

月の三分の一はエッチできないんだね

「生理前からしんどいなら、生理前5日、生理中5日の合計10日はエッチでき来ないってことだよね。つまり月の三分の一か」

こんな風に数字に表されると、確かにものすごく長い期間彼にお預けを食らわせてしまっているような気がします。

生理現象だというのに、うっすら罪悪感まで感じてしまいますね。

エッチができないと論理的思考に走る男達

エッチができないとわかると、急に論理的思考に走る男たち。

「イライラするなら、一人でいればいいのに」

「生理中か。じゃあ寝るわ」

残念ながら、私達女性のつらさを本気で分かち合おうとしてくれるような男性は数少ないといってよいでしょう。

自分に起こらない事象を理解しにくいのは、ある程度仕方ありません。とはいえ、エッチができないからと言って一緒に過ごす時間をないがしろにするような男性はあまり信頼できませんね。

 

今までの彼女にはなかったな

「そんなにつらいんだ。今までの彼女にはなかったな」

そんな心ない一言を悪びれもせず言ってのける輩もいるのです。

「同じようにつらくても、我慢できる人とそうじゃない人がいる。そして君は我慢できない人」と言われているようでイラッとしてしまいます。

生理には個人差があることをわかって欲しい

こんな時はつい感情的にブチ切れてしまいがちですが、ぐっとこらえて冷静になり、生理には個人差があるということを教えてあげましょう。

「前の彼女は生理が軽かったのかもね。羨ましいな。でも私は違うの。生理前は少し不安定になるし、生理中はお腹の痛みが激しいんだ」

と伝えてあげるだけで、意外と男性は「そんなもんかな」と理解してくれるものです。

生理については、ほぼ無知であることを前提に丁寧に教えてあげることが大切なのですね。

 

いかがでしたか? 生理前・生理中の女性への理解は、女性が根気よく男性を啓蒙するほかありません。

お互い心地よくその期間を過ごせるよう、保険体育の美人先生になったつもりで、彼を教育してあげてくださいね。