安いけどさッ!旅慣れないカップルが「LCC」を使う落とし穴3つ

ラブ旅行を安く済ませようとすると、“LCC(ローコストキャリア)”も選択肢に入りがち。しかし、旅慣れていないカップルが使うと、不機嫌勃発の引き金が潜むことも……。年に3回以上の海外、国内へは10回以上旅する筆者が、DeNAトラベルの「LCC利用動向調査」をもとに、旅慣れないカップルがLCCを使う落とし穴をご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

LCCを使って「不満だった!」という人もいる

同調査で、17~89歳までの会員3,089名に対し「LCCを利用したことはありますか?」と質問すると、76.5%が「ある」と回答。

一方、利用経験者への「利用してみてどうでしたか?」との問いには、「満足」が24.4%「まあまあ満足」が57.2%だったものの、「やや不満」が14.3%「不満」も4.1%に。

実は、LCCには不満を招きかねない特徴もあるのですが、このあたりがラブ旅行で不機嫌を誘う要因にもなりかねないのです。

 

LCCのココが不満! TOP3

そこで、「LCCを利用する上で、一番デメリットとして感じることは何ですか?」と質問をすると、TOP3は以下となりました。

3位:「荷物の制限重量やサイズが小さい」・・・17.1%

2位:「遅延や欠航が多い」・・・20.1%

1位:「席が狭い」・・・22.0%

LCCはローコストなところがメリットであるものの、やはりそれなりのデメリットを感じている人も少なくありません。

では、これらをもとに、旅慣れないカップルがLCC利用でブチ当たりがちなケンカの火種を見ていきます。

 

旅慣れないカップルがLCCを利用する落とし穴3つ

(1)重量オーバーの荷物整理にモタつく

LCCでは荷物の量に厳しい制限がかけられていることも少なくなく、旅行先でお土産を買い込みすぎると、あっさり規定オーバーになりがち。

チェックインカウンターの近くでスーツケースを広げ、荷物の整理にモタついているうちに、2人の間に険悪な雰囲気が流れないとは言い切れません。

旅慣れていれば、「今回はLCCだからこのぐらいの量が限度だよね」と目安をつけやすいのですが、旅慣れていないと感覚がわかりませんよね。

LCCを使う際には、荷物の制限重量を事前にチェックしておくことをオススメします。

(2)予定通りに動けない

LCCには、遅延や欠航も多いというイメージもあるだけに、ラブ旅行でも予定通りに動けないリスクが高まりやすいのです。

スンナリ予定通りに動けるのが当たり前だと思っていたカップルほど、空港に着いてから“遅延”“欠航”などのサインを見て愕然としてしまうかも。

旅慣れていないと、こんな時にどうやって時間を潰せばいいのかわからず途方に暮れてしまいますよね。

その結果、イライラが募りつまらないことでケンカが勃発するリスクも高まるのです。

(3)窮屈な座席で不機嫌になる

デメリットとして「席が狭い」を挙げた人も少なくなかったように、LCCの座席の間隔は、一般的なエアラインよりも狭めに設定されているのが一般的。

背が高い彼や、体格のいい彼だと、狭い座席に座っていることに疲れてしまい、不機嫌を招くリスクがあります。

飛行中もラブラブしながら楽しい時間を過ごしたかったのに「狭いなー……」なんて彼が内心イラついていたら、ケンカが勃発するリスクが高まりますよね。

 

旅慣れているカップルならば、壁にブチ当たっても臨機応変に対応できますし「LCCは安いから、これで十分!」と飛行機への満足度も高まります。

ちなみに、ランキングには入っていませんでしたが、LCC利用時はチェックインの締め切り時間が一般的なエアラインよりかなり早い時間となるため、そのぶん早めに空港に行かなくてはならないデメリットも。筆者は、この点を最も不便に感じていることもあり、LCCの利用は控えています。

旅慣れていないカップルほど過剰な期待をしてしまい、安さに惹かれて選んだLCCのせいでケンカが勃発……なんてことにもなりかねませんから、くれぐれもお気をつけください。

 

 

【参考】

「LCC利用動向」調査 – DeNAトラベル