3位やぎ座、2位うお座「生理にイライラしちゃう星座」1位は…?

「気分の波が激しい。いや、激しすぎるんだけどー」女子なら、一度は悩んだことがあるのではないでしょうか? 生理を境目に、起こりやすい気分の乱高下。今日は星座別の性格からも、感情の波に大きな変動が起こりやすい女子をランキング形式にしてお伝えいたします。あなたの情緒不安定、生まれた時にも影響があるのかもしれませんよ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イライライラ……!

生理の時って、もともと憂鬱さを感じやすくなる時ですよね。お腹も重たいし、気分も冴えない。

そう、まるで、どんより曇り空か、冷たい小雨の降るお天気の時のように感じませんか?

イライラや落ち込みがあまりに止まらないと自分の性格の問題と自分を責めちゃうかたもいらっしゃるかもしれません。ですが、これは女子ならではの体調の変化の影響の部分もとても大きいですよね。

占星術師でもある筆者が長年相談を受ける中で感じるのですが、生まれた星座からも生理中のしんどい特徴が出やすい傾向にあるかたもいらっしゃるのです。あなたもひょっとすると該当しているのではないでしょうか?

それでは、さっそく第3位からみてまいりましょう! 

3位:やぎ座

「ねばならない」思考が、生理を重くする?

まじめで自分にストイックすぎる部分が強いやぎ座さん。その責任感の強さから、仕事を任せればピカイチの結果を出してくれると周りからの信頼も厚いのではないでしょうか。

ですが、このやぎ座さんに気をつけていただきたいのが、自分にもその厳しさが向かいやすいという部分です。

やぎ座の人が陥りがちな自己否定が、やぎ座さんの生理を重くする可能性が高いともいえるでしょう。

お茶でも飲んで、ほっと一息する!

無意識に張りつめた気持ちを持ってしまいがちなやぎ座さんは、人よりもこまめに大好きなお茶を淹れて休憩をとることを心がけてくださいね。

その瞬間はただお茶を楽しむことで、知らず知らずのストレスで緊張感の高まった心とからだをほぐすことができますよ。

生理の時は、とくにあたたかなハーブティーなどでお腹の内側からほっこりとあたためてあげてくださいね。

2位:うお座

自分の気持ちすらわからなくなるほど尽くすクセが仇に

うお座のあなたは、とても優しく、自分よりも周りのひとの気持ちだったり、状況に配慮してしまうクセがあるのではないでしょうか?

その優しさに無理がない範囲だったなら、からだへの影響はないと思いますが、自己犠牲を伴うものだったら見直してみてくださいね。

なぜなら、もともと自己犠牲が当たり前と思いやすいのが、うお座さんの特徴でもあります。ですが、自分の気持ちを見失ったまま、人に優しくしていってもそれでは本末転倒。

ゆくゆく、その無意識に溜まったストレスが生理に影響を及ぼすことも考えられるかもしれません。

周りの影響を受けやすいストレスが、そのまま体調にもダイレクトに影響しやすいのがうお座さんでもあるのです。

時にはひとりになって、自分の心を落ち着かせよう

ひとりでいること自体にも、寂しさを感じやすいといったうお座さんですが、ときには自分ひとりの時間で心をほっと休ませることも大切です。

そうでないと、どこまでが自分のお悩みなのかわからなくなってしまうのです。生理のときは特に、ひとりになれる時間も大切にしてみるのもいいでしょう。

 

1位:さそり座

人生が昼ドラになりやすい?

もともと情も深く、フェロモン度も高いさそり座さんは、生理の時の気分の上がり下がりの激しめなタイプが多いかもしれません。

例えば、第2位のうお座の女性が、大好きな彼の肩にいつもちょぴっとくっつくような感じでそばにいたいと考えるならば、さそり座の女性の場合、彼の上に丸ごと乗っかって同化したいくらいの情念の深さを感じます。

もともと星座には、人間の身体に対する支配分野と呼ばれる場所がそれぞれ定められています。それによれば、さそりがリンクしている臓器のひとつとして子宮もあげられます。

セクシーな人の多い印象を受けるさそり座の女性ですが、ストレスを多く抱えたりすると真っ先に婦人科に不調があらわれやすいのかもしれませんね。

好きなことに夢中になる時間をつくる

さそり座は、類まれなる集中力に恵まれた星座です。この集中力を恋人を追うことや生理に伴う不安な心に集中させてしまうと、やや、やっかいなことにもなりかねません。

この集中力を長所として活かすには、やはり好きなことに夢中になるといった時間を日常にもつくることです。

さそり座さんの場合、集中力を恋愛や不安ごと以外のことで使い切ることで、おのずと情緒が安定しやすくなるのでおすすめです。

 

いかがでしょうか?

生理中も、自分の星座ごとの特徴や気をつける点を意識して、快適に過ごせるといいですよね。