ケンカの後は激しくッ…「一生に一度は経験しておくべきエッチ」3つ

あなたには忘れられないエッチがありますか? 女には、結婚しても子供ができても、一生忘れられないような、一度は味わっておくべきエッチがあります。今回は、海外情報サイト『Women’s Health』の記事を参考に“一生に一度は経験しておくべき3つのエッチ”をご紹介します。あなたも心に残るエッチをしてみませんか……?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

1:ケンカ後の仲直りエッチ

パートナーと口論やケンカになって気持ちが熱くなっているときに、いきなりキスを始めて激しいエッチになだれ込むことがあります。これを海外では“メイクアップ・セックス”と呼びます。

この“メイクアップ”とは、お化粧ではなく“仲直り”を意味するのですが、相手とケンカしてお互い怒っているときにエッチをすると、気持ちがイラ立っているせいか行為自体が荒々しくなり、今まで経験したことがないようなエッチができちゃうことがあります。

そして、たとえケンカをしていても、エッチをしたことで再びカップルの距離も縮まるし、まさにメイクアップ・セックスは一石二鳥!

もちろん、ケンカをする度にエッチをしても、それは表面的な関係が落ち着くだけのこと。毎回同じ原因でケンカになっているのなら、そもそもケンカにならないよう、根本的な問題を解決するため二人でしっかり話し合いましょうね。

 

2:結婚初夜のエッチ

最近は、結婚まで処女や童貞を貫く人なんてほとんどいないし、結婚までにパートナーと何度もエッチするのが当たり前になっています。

とはいえ、やはり結婚初夜って一生に一度しか経験できない日でもあるし、初めて妻と夫になった想い出として、スペシャルな夜にしたいですよね。

実際のところ、結婚初夜は式にてんてこ舞いでクタクタに疲れて、エッチをせずに終わってしまうという話も多く聞きます。

ですが、初夜用のセクシーなランジェリーを前もって用意したり、キャンドルを灯してムードのある音楽を流したり、一工夫凝らして初夜に挑めば、良い想い出になるのではないでしょうか。

 

3:赤ちゃんを作るエッチ

子作りに励んでいるカップルは、排卵日に合わせて行為に及ばないといけないので、その気になれない日でも無理にエッチをしないといけないこともあります。

それが毎月のこととなると、ロマンスやセクシーさとはかけ離れた義務的なセックスになってしまいますが、初めて排卵日に合わせてエッチをするときって、「もうすぐママになれるかも!」とドキドキしますよね。

それまでの、快楽や、彼との愛を確かめ合うことが目的エッチではなく、これからの未来のことを考えた上でのエッチなわけです。

そんな「いよいよ子作りするぞ!」というエッチも生涯で何度も経験できることではないので、ぜひ経験しておきたいことではないでしょうか。

 

いかがでしたか!?

彼と初旅行でのエッチや、車でのエッチなんかも経験しておきたいところですね。

毎回同じ相手としていると印象に残るセックスが少なくなってくるので、記念日や特別な日などには想い出に残るよう趣向を凝らして、特別感を出せるよう工夫してみてはどうでしょうか。

 

 

【参考】

8 Once-In-A-Lifetime Sex Experiences Everyone Should Have – Women’s Health1