「幸せすぎて溶けちゃいそう~」恋する女の子の日常とは?

恋をすると、同じ景色を見ても全然違うものに見えたり、食べるものだってより美味しく感じたり、五感がプラスに働いてくれることを実感するシーンが増えます。こうして、中身も見た目も洗練されていくのは、恋をする女の子の特権。今回は、恋する女の子の日常にそっと寄り添ってみましょう。彼女たちは日常にどんな幸せをみつけているのでしょうか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:光を浴びて空を見上げる朝

朝の光がこんなにもあたたかくて、気持ちいいものだと感じられるのは、日々の幸せを実感しているサインです。毎日変わらず存在する空の大きさに感謝をし、薄汚れた空気の都会に住んでいようと、不便な場所に住んでいようと、“朝”は誰にでも平等です。

深呼吸をして、すがすがしい1日のはじまりを迎えられたら、Happyな証拠。恋する女の子がお気に入りのガウンを羽織って、光を浴びる光景はまるで映画のワンシーン。

あたたかい飲み物をお腹にいれて、今日も慌ただしい日常が始まるのだとしても……贅沢な朝は誰もが羨むものですね。 

2:女の子同士の密会

恋する女の子は、恋のためにたくさん時間が必要です。

仕事と恋愛の両立や、美容と健康のための時間だって必要だから、以前ほど女友達と深夜まで遊ぶことは減ってしまった。それでもたまに会って彼への不満を吐き出して、最近キュンとさせられたことを聞いてもらうだけですっきりします。不安も不満も幸せも言いあえる仲って最高ですよね。

いつもは心に秘めていることをクラブやパーティーで発散するのもいいけど、静かなカフェでコーヒーを飲みながら話すのも、改めて幸せであることを痛感させられます。そんな、“日常”や“普通”に少しエッセンスを加えたものが“恋”や“ときめき”なのではないでしょうか。

そう考えると、あえて得ようとするものではなく、自然と心に宿る想いが幸せにつながるのですね。

 

3:彼とのシークレットタイム

大好きな彼との過ごし方。寝る前に今日あったことを話す時間、特に会話はないけれど映画を見ながらゆったり過ごす時間。「おはよう」と「おやすみ」が言えること。彼という存在に触れている時間は、恋する女の子にとってかけがえのない宝物です。

そのあいだは、時間に追われることもなく、SNSからも離れた、2人だけのもの。女の子にとってその時間は美容液とも言えるでしょう。しっかり潤いを与えてもらった心の保湿効果は、お金で買えない価値があります。

それでも、彼に綺麗な姿を見せたいからもちろんケアは怠らないし、スキンケアだけでなく彼との関係をより良いものにいていくためにあらゆる努力をしているのが恋する女の子の日常です。

 

いかがでしたか?

恋する女の子は楽しめることがたくさんありますが、それも、努力あってこそのものなのです。彼のためにしていることがいつのまにか、自分のためになっていたり、それが自分の力になっていたり、一生懸命何かに没頭する時間は自分を成長させてくれます。

綺麗になるエッセンスは意外と身近なところに落ちているのかもしれませんね。